にゃんこと暮らす・アメリカ・アパート

nypoliko.exblog.jp
ブログトップ

コーヒー缶活用法:Neneを守るのだ

ようやく気候のよい季節になり、部屋の窓も一日中開けておくくらいにもなりました。
私のアパートは3方に窓があるので、風通しがとてもよいです。
こういう住環境、やっぱりありがたいわ~。
日本に帰国することになって、日本でもアパート暮らしをするとしても、
今と同じ条件の暮らしは絶対無理だなってわかります。
多分私が住めるレベルの日本のアパートでは、
キッチンやバスルーム(お風呂場か)に窓も持てないでしょうしね。
日本のアパートに何度か住んだ経験上、それは今も同じだろうなって思います。
だから私はアメリカに居座るのだ。(ほんまか)

さて、窓を開けたことでNeneは窓際で過ごすことがより多くなりました。
外の空気を吸えることも気持ちがいいんじゃないかな?
猫は太陽の光に当たる必要があるみたいで(どの動物も同じかい?)
そういう意味でも窓際でその太陽光の栄養をガンガン吸収して欲しいっす。

d0130296_6413083.jpg


ただし、今住んでいるアパートはいい感じ☆と言いつつも、
やはり相当古いアパート(1940年代に建てられたものです)、
あちこちガタもきていて、たとえばリビングルームの窓枠は既に取替えられているのですが、
その枠が窓に合っていないのか、窓を上に開けた状態で留まってくれないところもあるのです。
西洋の住宅スタイルらしく上下に開けるタイプは全ての部屋の窓についていて、
窓を大きめに開けたい箇所にはコーヒー缶に水を入れて各窓の端っこに設置し、
もし窓ががさっと落ちてきてもNeneの首や身体を締め付けることのないようしてあります。
コーヒー缶を何個も取っておいてよかったっす。汗


▼窓で死にたくにゃいんだにゃ。。。。
d0130296_643581.jpg

[PR]
by nypoliko | 2011-05-23 00:00 | アメリカで猫を飼う