にゃんこと暮らす・アメリカ・アパート

nypoliko.exblog.jp
ブログトップ

リュック型:猫キャリーバッグ・・・が欲しい

Neneの1年ごとの健康診断を年内にしようと思っているんですが(昨年は12月)
今は車がないのでバス徒歩で獣医さんまで行かねばなりません。
(タクシーはもったいないのと、呼んでもちゃんと来てくれないのでかなりの時間の無駄になります)
持っているキャリーは知人からもらったプラスチック製なのですが、
さすがにNeneを入れてバス停まで歩く気力は・・・・





なし。キッパリ


▼プラスチックのキャリーはこれ。Neneがまだちっこいです~。涙
d0130296_19584633.jpg


だってもうかなり大きく重くなっているNeneなので、片手に持って歩くのはちょいきついです。涙
(獣医さんのところまで行くバスに乗るにはアパートから10分歩く路線バス停利用)
(通勤に使ってるバス路線のバス停は1分もかかんないんですけどね)
そこでリュック型のキャリー、またはせめて肩がけができるキャリーなら徒歩もやれるんじゃないかと、
最近インターネットで見ていて、だいたい40ドル前後でそれなりのものが買えそうです。
どれにしようかなぁ~。値引きになってるのは色がいまいちなんだよね。(真っ赤とか・・・)

▼洗濯籠に入って満足そうです。 ←洗濯した日なので空っぽ
d0130296_19473321.jpg


▼すんすん・・・・ん?なんか匂いする?笑
d0130296_1948386.jpg


家猫だったら獣医さんが言うように毎年検査や注射を受けなくても大丈夫と言う人もいて、
そういう話を聞くと、そういうものなのかな?じゃ、うちの子も今年はパスしてもいい?
と思う部分もあるんですが、
きっちり健康状態をチェックしてもらいたいのも親心。涙
体重も知りたいしな~。(ほんとどっしり重いので)笑
Neneに妹を作ってあげたいということもあり、
シェルターに行って1匹引き取ってこようとも思っているので、その日が来る頃に買おうかな?
(次の子もまた鼻風邪っぽい症状出て病院行きになるんだろうし)
↑シェルター仔猫はそういうもんらしい
↑高校のときシェルターでボランティアをしていた医師の卵ちゃんに聞きました
[PR]
by nypoliko | 2011-09-27 00:00 | アメリカで猫を飼う