「ほっ」と。キャンペーン

にゃんこと暮らす・アメリカ・アパート

nypoliko.exblog.jp
ブログトップ

猫ちゃんダイエット作戦

昨年12月、幸いにもまだ全然あったかかった頃に行った獣医さんにて
Neneちゃんが肥満気味だと判明し、食事制限の提案をもらったのですが、
その食事の量、ずばり私があげていたものの半分くらいです。ガーン
つまりこれまで相当あげすぎだったってことか?!汗
でもさ、猫は必要以上に食べないって聞いていたし(多分Web上で)
ご飯が余分に入っていてもそれは後のために残すから多くあげるのは問題ないと思ってたんです。
でも全部の猫がそうってわけじゃないみたいですね。
だからこそNeneちゃんは食べすぎの太りすぎになっちゃったんだし。汗

▼お勧めされたカリカリと1/4計量カップと猫缶(小)
d0130296_20294038.jpg


1/4分計れる計量カップは獣医さんのところでもらいました。
指示通り、一日二回、Neneちゃんに1/4カップのカリカリ、
黒猫ビビさんには1/4カップの3/4のカリカリを与えています。
そして一日に与える猫缶は普通サイズの缶の1/4ぽっちでいいそうで、
そんな少ない量ならばと半分くらいのサイズの缶を買うようにし、
それを一日で与えきるようにしています。そのほうが分けやすいしね!
(ウンチの問題もあり黒猫さんには更に少なめの猫缶ご飯を与えてます)

ちなみに画像の猫缶は特に薦められたものではないんですが、
良く考えたらちょっと高級すぎるので(笑)、
今は別の種類のものを与えてます。それでもフリスキーのそれより高級だけど~。
量は半分で値段は同じなので~。(どうも彼女たちにはおいしすぎるようですが)汗

基本的に大食いなNeneちゃんと比較的小食な黒猫ビビさん。
体重を減らさないといけないNeneちゃんと、現状維持をしたい黒猫ビビさん。
それぞれ状況と食べさせる量などが違うので、ご飯は別々に設置してます。

でもねぇ、大食いNeneちゃんの行動が・・・
結構笑えるんですが・・・笑

黒猫ビビさんは小食なので、たとえ少なめに与えてもたいていカリカリは残すんです。
そしてNeneちゃんはそれを食べつくす・・・
しかも自分のご飯(黒猫さんが辿り着けない高い位置にある)を残してとっておいて、
先に他の猫のご飯から食べようとするんです。
そしてそのあと小腹が空いたときに?自分の残りに手をつける。
もぉ~、なんてずるがしこいんでしょうか。爆

こういう光景を目にしてからは、黒猫さんの残りはさっと片付けることにしました。
でないと結局Neneちゃんは食べすぎちゃいますからね。汗

▼まだ仲良く並んで食べていた頃。昨年の11月。
d0130296_20442957.jpg


Neneちゃんまだ巨大ではありません。汗


▼美な黒猫さんと、おでぶで床にいるワンコみたいなNeneちゃん・・・(早く痩せようね)
d0130296_20475562.jpg

[PR]
by nypoliko | 2012-01-05 00:24 | アメリカで猫を飼う | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。