にゃんこと暮らす・アメリカ・アパート

nypoliko.exblog.jp
ブログトップ

北山宏光 ひとりぼっちインド横断 バックパックの旅

北山君のことが気になり始めてから色々サーチをして、
ようやく知った北山君の過去のお仕事の一つ、
「北山宏光 ひとりぼっちインド横断 バックパックの旅」を見ました。
この過去のお仕事のことを知ったとき、実はこの作品に全く興味が沸きませんでした。
ひとりぼっちと書かれてあるけど、カメラさんや他スタッフも傍にいるわけで、
ほんとの一人旅では当然ないわけで、きっと台本がちゃんとある、
完全に作られた、ジャニーズとファンのための旅番組なんだろうなって
早速偏見を持ったんです。(ごめん、北山君)

私はインドは行ったことがないのですがバックパッカーは昔に何度かやっていて、
正直その頃なら真っ先に飛びついた企画ものだったかもしれません。
でも今の私の中では「バックパッカーの旅」はずーっと昔に終わったアクティビティであり、
たとえ北山君の作品でもこういった旅ものには全く興味がそそられなかったんですよね。。。

でもね、この作品をちゃんと見てみて、
私の偏見は大きな間違いだったってすぐにわかりました。
北山君、すっごく頑張ってました。すっごく貴重な経験をしてました。
そりゃ多少~は作られた部分があったとは思いますよ。(これはしょうがないよね)
でも北山君が見せていた全ての表情と感情と言葉たちは本物だって感じました。
あれが演技だったらびっくりしますよ。
北山君の一喜一憂、不安や辛さなど全てがしっかり伝わってきて、
私も同じように笑ったりドキドキしたり、
はたまた親心で心配になって見ていられなくなったり、、、
そして自分でも驚いたのが、
あんなにバックパッカーはもう一生しないとずっと思っていたのが、
北山君の旅を通して私もまたああいう旅に出たくなったんです。正に約20年ぶりに!
北山君、これはすごい影響力だよ?
このおばさんな私にまたあんな肉体労働的な旅をしたいと思わせるとは!笑
他の人が同じ道のりを辿って見せても、私の心は動かなかったと思います。
でもそれは私が北山君のことが好きだから別の人ではだめだというわけではないんです。
(好きな気持ちはまた別のところにあると思う)
北山君という人の真っ直ぐで正直な気持ちがたくさん溢れていたから、
私の心に響いたんだと思います。

これはいわゆる「芸術作品」ではないので、私の言い方は大袈裟かもしれませんが、
この作品が多くの人に届きますように。。。
たとえ北山君のファンでなくても、見て損はないです。
この作品から心が揺さぶられる感じが必ず得られると思います。
旅を終える最終章の中盤、突然涙が溢れてきました。
私もこの北山君と同じ年のころ、バックパックのひとり旅に興味いっぱいでした。
だけど実際してみてたらやっぱり怖くて不安で、でも色んな新しいことを見て体験して、
今自分はすごい経験をしているんだって
わくわく興奮していた当時の気持ちを思い出すことができて、
その過去の自分と北山君とを、彼の旅の最後直前にダブらせちゃったように思います。
ずーっと忘れていたことなのに突然蘇ったんですよね・・・
北山君は私にとってやっぱりツボなお方です。

ところで、軽い小話もつらつらと書いておきますが、
インドの首都の読み方って今はもうカルカッタじゃないんですね!(驚)
この作品でコルカタと何度も出てきて、おや?そこはどこ?状態だったのですが、
もしや・・・・とサーチしてみたら正式な読み方(表記)が変わったとか!
知らんかった~!!!(もう13年も前のことなのに)汗
(ちなみに英語圏では間違った音のカルカッタのままみたいですね)
←勝手に変える英語圏の悪いとこ

あと、北山君ってば、バラナシの久美子ハウスに泊まったんだねー!!!
うわー!そこ知ってる!!!(いや、本物は知らんけどね)
20代の頃一人旅系の書籍を読み漁っていたんですが、
インドの旅とくれば必ず登場する久美子ハウスでしたから、
結構知ったつもりでいたんです。
そっかー、あそこに泊まって久美子さんとお話したんだよね。なんか感動・・・・笑

あと、海外で自分の名前を言うときはMitsuではなくHiroなんだねぇ。ぐふふ
普段「みつ」がよく使われているようなのに、
突然Hiroと自分を呼ぶ北山君がちょっと色っぽく見えました。ぐふふ
お習字はうまいし、ターバンめっちゃ似合うし、疲れて無防備爆睡の姿もそそられるし、
ふくらはぎの加減が顔に似合わず男くさくてドキドキだし、
げらげら笑う姿と声で私まで笑顔にさせてくれたし、
体調崩して弱ってる様子や、お腹が空いてイラッとしているとこですら愛おしかったし、
ほっぺにたくさんのご飯を詰め込んでもぐもぐもぐみつする北山君が、
ほんっと、最っ高にかわいかったです。
そしてうまーーーーい!と心から叫ぶ!!!
男性のああいう豪快な食べ方大・大・大好きです!!!!
(私の作ったご飯もあんな風に食べて~~)
あとね、北山君ってすごい美人さんだなって改めて思いました。


最後に、北山君、この旅の後どんな感じですか?皆がよく言うように人生観変わった?
旅の途中から特に顕著になってきた北山君の強い眼差しが本当に素敵でした。
私は感受性が乏しい上にバカで教養のないまま旅に出たから
得られるものは少なかったけど、(頭悪いと行っただけ旅行で終わるもの)
私とは逆であろう北山君はたくさんのことを感じて吸収してきたと思います。
最近ファンになった私には違いを見つけるのは難しいかもしれないけど、
過去を遡ってそのあたりちょっと注目したいと思ってます。

私は北山君が好きだぁ~(←歳なので小声で)笑
[PR]
by nypoliko | 2014-06-10 00:00 | アメリカで北担☆