「ほっ」と。キャンペーン

にゃんこと暮らす・アメリカ・アパート

nypoliko.exblog.jp
ブログトップ

ニャンコの体重測定:12月

10月の定期検診でビビちゃんの甲状腺治療お薬の量を減らすよう言われ、
その通りにしていたら予想外に体重減少を促してしまい、
病院で再び診てもらった結果(血液検査)、
お薬の量を微妙に増やし戻すことになったのはいいんですが、
その日ついでに病院で買わされた毛玉防止お薬で下痢ピーになりーの、
勧められた子猫用缶のご飯で引き続き下痢ピーになりーので、
しばらく体重を増やすことはできませんでした。
が、しか~し!
どうにかこうにかビビちゃんの体重が増えつつありまっす!!!


▼こっそり覗き込むビビちゃん。あなたの話をしてるんだよ~。
d0130296_08072957.jpg

病院に連れて行った日には5.4ポンドしかなかったんですけど(汗)
病院で測ったらご飯のあとだったからか、どうにか5.8ポンドで、
その後は下痢ピーのせいか、しばらく5.4ポンドあたりをうろついていたんですが、
そろそろ変化があるのではないかと今日測ってみたら増えてましたよ~~!!!!
ビビちゃんの体重、6.2ポンド!やったね!!!
これはたまたまではなく確実に増加してると思います。やったね!!!!




▼ビビちゃん体重増えたのかにゃ?
d0130296_08064913.jpg



▼ビビちゃんはまだまだガリガリなんだにゃ・・・・。ほんとだね。(涙)
d0130296_08080286.jpg

とりあえず、今回の経験からちょっと学びまして、
自宅でカットしているお薬は1錠の3分の1の量を1日2回与えることになっているんですが、
今は3分の1より少し多くなる量にしています。
なぜならば、料理に使っていないまな板の上でお薬をナイフでカットして、
そのカットしたものをスプーンの背で粉々にし、
それを猫缶ご飯の上に振りかけてるんですけど(そんで少し混ぜる)
多分粉々にしたときに多少の散らかり分の無駄とか、
まな板から取り損ねる分もあると思うんですよ。
細かいところを追及すれば、ね。
なのでその減ってしまっているであろう量を加える形で、目分量ですけど3/1以上分、
でも半分以下、という量のお薬を与えてます。

そして下痢ピーの原因と思われた毛玉防止のお薬は一切与えず、
同じく下痢ピーの原因と思われた子猫缶のご飯は半分の量にして、
残り半分はこれまで食べていた普通の猫缶にしています。
子猫缶だけだとおなかによくないのかもしれないんで。(カラダは小さいけど成猫だかんね)

これらのおかげか、下痢ピーはなくなったし(元のかったいウンチに戻りました!)
吐くこともないし、体重は増えたしで、万々歳~♪
これからも順調に体重を増やすよう、たくさんご飯を食べてもらおうと思ってます。ふんがー




ただ、ビビちゃんが欲しがるだけご飯をあげるのはいいとして、
困るのがそれに便乗してご飯を期待するNeneちゃん・・・・
Neneちゃんにもあげないのは意地悪みたいで気の毒なので少しだけあげてるんですけど、
ただでさえ早食いで量が少ないため(ビビちゃんの量に対して)、
ビビちゃんよりもすぐに食べ終わってしまい、

こうやって、

恨めしそうに、

私を見てくるのです・・・・・



▼気配を感じて振り向くと遠くから・・・・・・見られていたああああ!!!!!
d0130296_08082738.jpg
ひええええええ!!!!!




▼ビビちゃんにだけ多くご飯を上げてるのはわかってるんだにゃ・・・・・(こわ~~!!!!)笑
d0130296_08085590.jpg



▼ビビちゃんと違ってNeneちゃんは食べた分だけすぐ太るんだから同じように食べられないの!!!
d0130296_08093023.jpg
ちっ。


ちなみにNeneちゃんの体重は14.1ポンドでした。(ほっ)
間食が増えたので体重までもすっごい増えてたらどうしようかと思ってました・・・・汗






[PR]
by nypoliko | 2014-12-08 08:41 | アメリカで猫を飼う | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。