にゃんこと暮らす・アメリカ・アパート

nypoliko.exblog.jp
ブログトップ

にゃんこ介護。(´;ω;`)ウッ…

全然いい話じゃないんだけど、
記録になるので書いておきます。

昨日の晩、仕事から帰宅してから気づいたビビちゃんの後ろ足びっこ。
歳だしちょっと弱ってるだけなのかな?と最初は思ったんですが、
よくよく見てるとずるずる引きずって歩いてることもあれば、
身体を支えきれず左右に揺れまくって前に進めない状態にあることも。
しかもいつものように横たわることができないようで、
半身をほぼ立てて柔らかいものにもたれて寝ていたので、、、

さすがにこれはヘンだよね・・・

となり、
いつの間にか足の骨を折ったんだろうかと心配になったものの、
食欲は相変わらず旺盛だし、お水もたっぷり飲むし、
出すものもまー、いつもと変わらずなので、
今すぐどうこうってこともないと思い、一晩様子を見てみることに。

でも翌朝もやっぱり様子は変なままで、
しかも少しひどくなっているようにも見えたので、
出勤時間頃になって突然これは病院に行かねばと思い立ち、
仕事を遅刻し動物病院に連れて行ってきました・・・


▼あらよっと。
d0130296_08204616.jpeg
足を上げることはできるらしい?(;^ω^)
d0130296_08202378.jpeg
こんな姿を撮るなんて失礼なんだにゃ~。。。
(気分が明るくなるようにわざとだよ!)( ;∀;)

d0130296_08200175.jpeg

そして動物病院で診察してもらって分かったこと。
背骨の一部か関節部分にヒビが入ってるかもしれないと・・・
実は日曜の晩、いつものようにテーブルの端っこで寛いでいたビビちゃん。
(画像でよく見てもらってるヤツね)
急に目が覚めて慌てて動いてずるっとテーブルから落ちてしまい、
でも猫だしこんくらいの高さからずるっとなったくらい大丈夫だろうと呑気にしていたら、
猫とはいえお年寄りニャンコのビビちゃんには大打撃だったみたいです。
まさか骨を痛めるほどの衝撃を受けていたなんて・・・(´;ω;`)ウッ…

病院で痛め止めを打ってもらい、
関節の治癒を促すものを飲んで、
家で飲ませるお薬をカウンターでもらい帰宅・・・・

注射を打ったこともあってか、帰宅後もふらふら状態だったんですが、
静かに寝ているようだったので、
とりあえず午後から仕事に行ったんですよ・・・・
そしていつもの時間に帰宅してきたら・・・・


アパート中がうんちまみれでした。。。。
お薬や注射のせいか軟便で、しかも下半身が思うように動かせないからか、
ウンチをあっちゃこっちゃに付けてずるずる頑張って移動していたみたいで・・・


部屋の状態は悲惨だったけどビビちゃんがあまりにもかわいそうでした。
ビビちゃんの下半身から尻尾まで溜め湯と石鹸で洗い、(←初)
お水とご飯も用意して、

お願いだからじっとしてて。
無理に動いて背中悪くしちゃうとダメだから!!!

って私が思っていても心は元気いっぱいみたいなビビちゃんで、
ふっとしたときにものすごい精力的な動きをするんですよ・・・

獣医さんにも安静にさせないとだめだからと言われたので、
明日からはリビングルームの入り口(ドアなし)のところに
ランドリー物干しを寝かせてケージ状態にして仕事に行きます。
リビングルームにはニャンコトイレが二つもあるし、
お水やご飯も置いておけるし、
多分その部屋で一匹静かに過ごしてくれると思います。
Neneちゃんがちょっかい出さないことを祈りつつ・・・
ビビちゃんは柵は乗り越えられないはずだけど、
Neneちゃんはジャンプして入り込む可能性が無きにしも非ず。
おデブだからジャンプは無理だと思いたい・・・(;^ω^)

それにね、ビビちゃんのおかしな状態なんかを見て、
Neneちゃんも動揺しているように見えるんですよ。
お風呂場で洗ってあげてる時もびっくりしてたし。
ビビちゃんの精神状態もだけど、
Neneちゃんの心のことも気がかり。
はあああああ・・・・
大事な大事なニャンコたちだから私が守るけど、
絶対に守るんだけど、
突然のこの不幸が悲しすぎます。。。
私のせいでビビちゃんがこうなっちゃったのかな・・・
ビビちゃん、最悪下半身不随になるかもしれないので。


アイドルのことうだうだ言ってる状況じゃないよね。
あんなことしてた自分はなんて暇人で呑気で間抜けだったんだろって思うわ!ヽ(`Д´)ノ
ばっかじゃねーーーー!!!!!







[PR]
by nypoliko | 2016-03-02 09:35 | アメリカで猫を飼う