にゃんこと暮らす・アメリカ・アパート

nypoliko.exblog.jp
ブログトップ

ねっとり44秒へのねっとり感想

北山君の名曲、更なるバラード・バージョン、
たったの44秒をずーっとずーっと永遠に聴いてられる。( ;∀;)

若いころのバージョンと比べて
歌声が大人切ないだけじゃなくて、
誰かを想う気持ちがとても力強く感じられて、
その分歌からにじみ出てくる愛に更なる重みが感じられて、
そんな北山君のねっとり愛が、
まるで自分に覆いかぶさってくるようです。。。(←図々しいか?)

こんな歌が新たに作られたものじゃなくてよかった。( ;∀;)
以前にも書きましたが、
今北山君の側にいる女性のことを想って作られた曲なんて聞きたくないし、
今北山君が想っている女性のことが描かれた言葉たちなんて、
どんだけいい作品だとしても、私は無理・・・

おととしの作品FORMだって、
昔作った曲のアレンジを変えたものって聞いてたから、
だから安心して聴けたし受け止められたけど、
あれが新作だったらやっぱ辛い・・・

そんな何気に気持ち悪い私には、
「今ナニヲ想ウノ」が昔の作品でよかったというのと同時に、
5周年アルバムに持ってきたことが特別だとも全く思いたくありません。
ずっと温めてきた曲とかって言ってほしくない。ボソ

私としては、
以前キスブサで使われたことでほっとした部分があって、
娯楽番組で平気で使ってしまう北山君が逆に成長した人にも感じられて、
あの曲が大事なファンにとってはショックだったかもしれないけど、
北山くんが過去をまったく引きづってない証拠に思えたあの出来事が私は逆に嬉しくて。。。

ファンだったら、
5周年記念アルバム(なんだよね?)にあの名曲を入れてくれたことに、
特別な思いと意味を期待したいものかもしれませんが、
私は全くの逆です。。。

ま、私がどう思おうが期待しようが、
当の北山くんが
「僕の大事なこの曲をこの時期に・・・」
なんて発信したら、
それはまんま受け止めなきゃいけないって思ってますが、
しれーっとしてくれてるほうが私は嬉しいな。

ファンのために音源化したってだけで十分です。
切なく力強く重い愛に押しつぶされそうになる今の「今ナニヲ想ウノ」は、
ただただ北山君の才能がそう表現させてしまうだけだと思いたい。
北山君の特別な想いが入ってるなんてやだやだやだやだよ。(´;ω;`)ウッ…
だって私にはどうせ無関係だもん。(だろうね・・・)
意味なんてなーんもなくていい。
こういうときはとげがあるくらい冷めてるほうがいい。(←という勝手な人)

たったの44秒にひねくれ目線でうだうだねちこく書いてスンマセン。
おばちゃんなのに怖いよね~。(;^ω^)


確かに怖いんだにゃ~。
d0130296_11025437.jpeg
↑囚われの身。



[PR]
by nypoliko | 2016-05-28 12:17 | アメリカで北担☆