にゃんこと暮らす・アメリカ・アパート

nypoliko.exblog.jp
ブログトップ

I SCREAM:通常盤:本編CD:自分的最速感想:後篇

またまた続きです。


12、 MU-CHU-DE 恋してる
作詞:SOU (COZMIC CODE) 作曲:KASUMI /SOU (COXMIC CODE) 編曲:KASUMI (COXMIC CODE)
これはですね、
Gravity通常盤に入ったまんまを延々と聴いていたこともあって、
再生率めちゃ高いんです。
(わざわざスキップもしないし)
なのでもんのすごく頭に入ってると思う。
でもめちゃ好きってわけでもなくて・・・
この曲を聴いて一番盛り上がったのは、
藤ヶ谷君のCM宣伝で見たときかな~。
だけどなぜかそれ以降好き度は下降線・・・・
多分北山君の声があんまないからだと思います。
これのレコーディング風景が特典になっていた盤も買わなかったしな。
(内容は転がってるものでちょろっと見かけましたが)



13 NOVEL -Album ver.-
作詞:イワツボコーダイ 作曲:GRP/イワツボコーダイ 編曲:鈴木雅也
編曲が違うのはなんとなくわかるようなわからないような。
他の曲の別バージョンを聴いたときと比べると、
今回は感動が少ないというか、
違いがよくわからない・・・珍しく・・・
原曲をあまり聞いてなかったのかな?(;゚Д゚)



14 Re:
作詞:Kis-My-Ft2 作曲:原一博 編曲:井上慎二郎
超問題作のRe:
最初にフルで聴いたとき、
実はちゃんとうるっと来たんです。
でも歌詞にある言葉で泣いたかっていうと、
どうだろ。

まず試聴のときに、
メロディーがやばい。これ泣くわ。
って思っていて、
フルで聴いてみたら、
試聴のときと同じく、
メロディーがすーっと入ってきて、
この曲は音で動かされる素敵な作品だと今でも思います。

でもね、、、
歌詞を見て、
あれ?
こんだけ?
って思ってしまった。。。
それと同時に、
自分はこの歌の対象にどうしてもどうしても感じられなくて。
聴けば聴くほどなんか寂しい。ボソ

でも結局のところ、
アイドルとファンとの距離なんて縮められるものじゃないですもんね。
たとえばこのアルバムにある似たような曲調の「夕空」と比べても、
関係性が違うだけに、
Re:で使える言葉も世界観も違って当然で限られる・・・
って思えば、
Re:はあれでいいのかもしれないです。
彼らは言葉のプロフェッショナルでもないんだし。
Re:は距離感ありありなラブソング。
アイドルは遠いのだ~~。

注:特典映像は無関係で書いてます。
あくまでもCDの感想なんで。
ただ、特典で補おうなんてあかんで~!



ちょっと長くなったので・・・・、
いや、気持ちが盛り下がり中なので(;^ω^)
最終篇に続く。
d0130296_02271024.jpeg

[PR]
by nypoliko | 2016-06-27 06:12 | アメリカで北担☆