「ほっ」と。キャンペーン

にゃんこと暮らす・アメリカ・アパート

nypoliko.exblog.jp
ブログトップ

ビビちゃん、虹の橋を渡る。

コチラ時間の7/14夜、
ビビちゃんが天国に行っちゃいました。
最近猫を失くした友人や
獣医さんにも何気にビビちゃんはもう長くないみたいな素振りをされていたんですが、
まさかこんなに早く・・・・という感じで・・・・。

一夜明けた今日、
ビビちゃんを獣医さんのところに連れて行こうと思います。
私に自分の家と土地があれば庭に埋めてあげたいのに・・・
でもそんな甲斐性もないから獣医さんに頼むしかありません。

この前痛み止めをもらってきたばかりで、
その薬が悪かったのかなとか・・・・
ここんとこ痩せていく一方だったから、
甲状腺のお薬も多くしたばかりで、
でもそれがよくなかったのか・・・
しかもそのお薬もちっとも効かないから、
今度は食事療法に切り替えることになって、
専用のカリカリと猫缶を与え始めたばかりだったんだけど、
それだとちっとも食べてくれないので、
しばらくはこれまでのご飯と混ぜて味を覚えてもらおうと思っていた矢先で、
こんなことならビビちゃんの大好きなとろとろご飯をいっぱいあげればよかった。
って後悔しちゃいます・・・

もっともっと一緒にいてあげたかったな~。
いつも私が寝てるベッドに上がってきたそうにしてたけど、
無理に上り下りすると痛めた足がまた悪くなるからと、
ステップ台のごとく設置してたオットマンをどけたばかりで、
それでも無理にジャンプしようとしてたのがほんのおとといのこと。
ベッドに登れないようにしなきゃよかった。
ビビちゃんがあんなに私のところに来たがってたのに。
ごめんね・・・私の判断間違ってた気がする。
これまでずっと私の枕元で私が起きるのをじーっと待ってた子だったから。
もう二度と朝のあのビビちゃんが見れないんだって思うと・・・
すっごい寂しい。




これまで飼い猫が亡くなったブログ記事を見るのが大嫌いで、
見たら辛い記事を写真つきでなんで載せるの?
って思ってたんですけど、
いざ自分がその立場になったら、
やっぱりずっと綴ってきた場所に最後を残しておきたいという気持ちになるものなんだなと。
ビビちゃんが私と過ごした一生がここにあるから、
最後もちゃんと思い出に残しておきたいです。
哀しい記事でごめんなさい。


写真はMoreのところに置いておきます。
ケータイだと全部見えちゃうとは思うんですが。






d0130296_14004437.jpeg
ネズミのおもちゃなんて興味ない子だったけど、
ビビちゃんだけじゃ寂しいだろうから今回は一緒にね。
ビビちゃん、天国で元気に走り回ってね!
マミーもいずれはそっちに行くからさ~。
それまで待ってて。

これからビビちゃんがいない生活、
ほんっと寂しいよ。。。

あかん~、
こういうこと書くと涙止まんない。(´;ω;`)ウッ…

でも前に進むためにも、投稿します。




[PR]
by nypoliko | 2016-07-15 18:18 | アメリカで猫を飼う | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。