にゃんこと暮らす・アメリカ・アパート

nypoliko.exblog.jp
ブログトップ

恋に落ちる曲:優しい雨

北山君のソロ曲「優しい雨」で北山君に改めて恋に落ちてしまった・・・。( ;∀;)

試聴だからほんの数行のフレーズとメロディだけなのに、
まるで1本の映画やドラマを見ているような場面たちが一気に目の前に現れて、
そしてなるほど。。。。
北山君がソロ曲を作ったときの話をたまたまツイで見たら、
映画のような世界を描きながら作った曲って・・・・
このことを知る前にしっかりそう感じられたからね。
北山君ってすごいよーーー。

北山君の体温が感じられるストレートな歌詞は、
シンプルなようで決して単純なわけじゃなくて、
どこまでも独特で、しかもあの北山君の歌声で、
北山君にしか出せない世界が今回のソロ曲にも現れてて・・・
つい泣いちゃうよね・・・。

そして不意に「FORM」の歌詞たちが蘇ってきたんですが、
その中でも北山君が言う「~~~から・・・」
というフレーズがすごく心に残っていて、
改めて歌詞カードを見たらあちこちに散りばめられてました。

一緒にいるはずなのに なんかさみしいって言うから
そんな君の軌跡を全て僕が包み込むから
僕が横に居れるのなら 世界を敵に回せるから

みたいな感じで・・・。

そして今回の

さよなら言わないで 何度でも今なら 
君が好きって 好きだよって言うから

これら北山君の「から」フレーズ、
私にはマジックフレーズに感じる!
どういうわけかすっごい嵌るのですよ。
(言語学的、心理学的な意味が知りたくなってきた)ボソ

もうね~・・・
これはいつも北山君について言われるような、
「狩られる」とか「堕ちる」とか「子宮に響く」とか、
そんな本能的なとかどろどろとしたものじゃなくて、
もっとピュアで透明な感覚で恋に落ちてしまいます・・・
「FORM」にあったような愛と切なさが感じられる「優しい雨」だけど、
歌の中にいる北山君に対して恋に落ちてしまうというのが個人的にぴったり。
誰か別の人を想ってる北山君だけど(当然私のことではない)・・・
そんな北山君に恋に落ちるってね。どゆこと。( ;∀;)

あと、前作アルバム特典にもあった北山君のソロ曲ですが・・・
それが挿入されたアルバムCDを買うに至らなかったのは、
今振り返ってみてもあまり刺さらなかったのかな・・・・
(視聴は聴いたよ。)
新曲ではなかったせいもあるかもしれないけど、
ライブで聴ければ、ライブ映像で聴ければいい、
って思っちゃったんですよ。

でも今回の北山君のソロ曲はこれだけのために、
他の盤と合わせるとアルバムCDダブりとなってでも通常盤も買います。
この1曲だけのために3000円出せるんですよね。
その価値あり。
北山君と作品へのリスペクトの意味も含めて喜んで買うね。

ライブで歌うのかな・・・
歌わなくてもいいよー・・・・
(もうないとは思うけどおふざけ演出が怖い)
(歌に入る直前のコント演出が怖い)
(再び起きるかもしれない楽器演奏の失敗も怖い)
できたらね、
まんまの、歌だけの、「優しい雨」を聞かせて欲しいな。
もしライブでやるなら・・・

追記:
楽器の演奏の失敗はいやだという部分ですが・・・
もちろん昨年度のライブでのことを言ってます。
ソロ・メイキングでどんなに頑張っていたかっていうのがわかって、
悔しい思いをしていたところにはかなり切なくもなったけど、
ああいうのをまた・・・っていう気にはなれない。
裏の様子を見て知って気持ちのいいものではなかったし、
感動ともちょっと違うし。。。ごめん。
ショックだったっていうのが本音だから。

演出なんかにこだわらなくても、
北山君の歌だけで十二分に満足させられるものがあるのだから、
せめて一度は、今年こそは、
歌に集中してみたいというのが私の希望です。
歌だけでも十分だから言ってるんだけど。
そうは聞こえないかな?(言い方だね)(;^ω^)






ほんの40秒ほどの視聴で、
ここまで気持ちを盛り上がらせる最強の北山君ソロ曲・・・
(恐るべし)



[PR]
by nypoliko | 2017-04-26 08:10 | アメリカで北担☆