にゃんこと暮らす・アメリカ・アパート

nypoliko.exblog.jp
ブログトップ

MUSIC COLOSSEUM 〜アルバム感想〜:その3:優しい雨

続きです。


07. 優しい雨
作詞・作曲 HusiQ.K 編曲:山下和彰 Chorus Arrangement: Ko-saku

試聴だけで大盛り上がりだった北山君の「優しい雨」。
これが全部聞いてみてどう感じたか。
早速一つ言っちゃいます。爆弾発言。
自分にとって北山君の他のラブソング(FROMなど)にどうしても勝てない部分が一つありました。
それは・・・

優しい雨の女がどうも好きになれない。

歌詞にある、
「遅すぎるのって君は泣くから」
ってとこ。
はーー・・・・なんか・・・・・ちがーう😞
あの部分だけで女が嫌いな女のにおいがするよ~・・・・。
北山君って世界中の女を一瞬で狩ってしまうほどの爆モテの顔を持ちつつ、
うん、女きょうだいいないからね?
女性の本質わかってないよね?
女性に夢見がちだよね?
もしかして深い恋愛したことないんじゃ・・・?
っていうところあるじゃないですか。(←失礼)
そこがあの歌詞の部分に出てるな~って思っちゃったし、
追いかけてくる男の前でそんな風に泣く女は私は好きじゃない。キッパリ

FORMで描かれる彼女は好きだったんですよ。。。
なんかうまくいってなさそうで切なくて愛され具合が羨ましくて悔しいんだけど、
それでも二人に幸せになってほしいと思えたから。
でも優しい雨にはそう思える部分がどこか足りない。
北山君が失恋しちゃったからじゃなくて(歌の中で)、
ああいう場面でああ言って泣く女がどうもね・・・(←意地悪)
ドラマでヒロインの恋路を何気に邪魔する脇役元カノのにおいがする。(←ひどい)

まぁ、それでも結局どうしようもなく好きですけども。
なんやかんや言っても、
北山君の優しい雨は延々と聞いていられるんですよね。

最初は、

「あれ?案外普通・・・?」

って感じたのが正直なところ。
でも普通なんかじゃない。
ずーっと心地よく聞いていられる楽曲で、
あの鼻にかかった北山君の歌声・・・ふ~・・・パタっ(気絶)
聴けば聴くほど聞き惚れちゃう。
試聴の時も書いたことだけど、
北山君の言葉選びは言うまでもなくリアルで体温が感じられて、
北山君の恋愛観が走馬灯のようにビジュアル化されるほどで、
北山君がとんでもなく女々しくてもそれがまた愛おしい。
(↑これは予想以上でした)笑

「君が好きって 好きだよって言うから」

って懇願するかのような言葉たちがやっぱり気になるんですよ。
あの北山君だからこそきぅーんとくる。
正に「遅すぎるの・・・」ってシチュエーションだってすごく伝わってくるよね。
(でも女の涙はいらんのよ)
ただただこの曲の世界にグイッと引き込まれてしまって、
やっぱりどうにもこうにも「優しい雨」が好きだ。はー💛

私、ライブでは歌って欲しくないって思ってしまってる・・・
(今後あるかもしれない)冬コンにはどうせ行けないからじゃなくて、
なんか音源だけで十分な気がしてね~。
(自分が勝手に作り上げてしまった優しい雨のイメージをライブで壊される恐怖心がやっぱりあるんだな)
(北山君のこと信じられなくて( TДT)ゴメンヨー)
ライブでの披露より、
レコーディング風景や制作ドキュメンタリーを見てみたいです。
どんな表情で取り組んでたんだろう・・・(´;ω;`)ウッ…
(そんな密着映像はないだろうけど)
d0130296_01262596.jpg

優しい雨
LOVE💛HusiQ.K


[PR]
by nypoliko | 2017-05-29 08:39 | アメリカで北担☆