「ほっ」と。キャンペーン

にゃんこと暮らす・アメリカ・アパート

nypoliko.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

アメリカ世間は3連休とオイル交換

月曜日がMemorial Dayで休日なので、土曜から3連休となりました。
土曜のイブニングは友人宅でお泊りで飲みだったんですが(Nene連れよーん)、
その友人宅まで走る前に(ちょっと遠い)車のお手入れもしておこうと、
コインランドリーで洗濯待ちの間、車を某オイル交換屋さんに持って行きました。
これまでのオイル交換では一番安いスタンダードの物しか使ったことがなく、
それは現在別居中の夫から「ぼったくられるな」「だまされて無駄に金を使うな」
「店員の言うことは聞くな」「ただオイル交換だけをすればいい」「オイルは一番スタンダード限定」
という命令がいちいちあったため。
でもそういう夫がもういない今、私はあえてお店の人に言われるままになりました。笑
(今回使ったオイルはスタンダードの一つ上のやつ)

もうね、オイルのレベルもそうでしたが、
けちってメカニックに薦められる部品交換をせずにびくびく車を運転するほうが
私にとってよっぽどバカらしいですし、メカニックの人も悪くなっている部品の状態を私に見せて、
これは変えたほうがいいですよと言っていたので、どうぞやってくださいとお願いしました。
(どう見てもひどい状態だったし、それが実際大事故などに繋がるものではないものかもしれなくとも、
私は交換してほしかったのです)
特に女性客に対しぼったくろうとする車関連の店員ってどこかにはいるとは思いますが、
んー、私は今回見てもらったメカニックさんたちにそんな悪意があるとはとても感じられませんでしたし、
人を疑いすぎるのも自分の心によくないなって思います。
だから今回は悪いところを見つけてくれたメカニックさんに感謝してますし、
見積ってもらって「高いー!」と嘆く私に無理矢理頭をひねってディスカウントもしてくれたので、
(↑コンピューター上のやりくり)
やっぱりぼったくりに必死になるメカニックばかりじゃないって思ったりもします。
まぁ、私が行ったのは街中に店舗が散らばっているような会社なので、
そこのメカニックたちが車に疎そうな女性客からいちいちぼったくろうとはなかなか思わないんじゃないかな。
恐らくメカニック個人の収入には関係ないでしょうし・・・・

いずれにせよ、オイル交換だけのはずが幾つかの部品を交換した結果、
200ドルほどの出費になりましたが、私はそこから大きな安心をももらいました。
最近マフラーの調子が悪く(音がうるさい)、そこの修理を考えているものの、
他の箇所も一体どうなっていることやらと心配していたので、
オイル交換と同時に他も見てもらえ、かつ部品を交換してもらえ、またしばらく安心して乗れるとわかり、
(太鼓判押してもらった)
本当によかったです。あ、マフラーの修理はいずれ必須になりますがね。

しっかし、いつかは新車に乗りてぇな。
でもよほど収入が上がらない限りアメリカで新車は買わないだろうなぁ・・・
(つーことは一生新車に乗ることはないってことか)笑


記事に全然関係ないけど・・・・

▼「これから顎をこすってあげましょう」「たのんます!」
d0130296_3411765.jpg


▼「うひょ~~」
d0130296_3414695.jpg


▼「あへぇ~~」
d0130296_3421899.jpg


▼「くぅ~~」
d0130296_3425810.jpg


▼「あれっ、勝手に画像撮ってる?」
d0130296_3434932.jpg


▼「もう結構です」
d0130296_3443843.jpg



・・・と勝手に台詞を入れてみました。
[PR]
by nypoliko | 2011-05-30 00:00 | アメリカ生活 | Comments(0)

初めての扇風機購入☆

あっつぅ~・・・・・(汗)
NY州は一気に夏になり、リビングルームの個人的体感温度30度越え。
こりゃ~この先エアコンいるかなぁ?
やっぱ最上階(でも2階)のお部屋は暑くなりますかね。

だけど助かったと思うのが、ベッドルームは他の部屋より少し涼し目。
もちろん外気温がもっともっと上がればそういうこともなくなるかもしれませんが、
位置的に室温が上がりにくいのかもしれません。ほっ
寝苦しいのはいやですからね・・・
これまでは一日中太陽の光が差し込む家やアパートが一番と思ってましたが、
必ずしもそうでもないかなと。アメリカ人があえて日の当たらない部屋を好んだりする気持ちが
すこ~しわかりました。(もろ洞窟のごとく暗いのはいやですけどね)
なんせお向かいさん(または自分のアパートの隣の部屋)は
午後ずーっと太陽が差し込む位置なので、そのあたり具合を見るだけでも、
ありゃ~、相当室温上がるだろうな。って感じなのです。
エアコンを早速取り付けているのも納得。(季節ごとに取り外し可能なやつね)←アメリカの主流?
私は今のところ扇風機でOKですが。

ってことで、今日からかなり気温が上がる模様でしたので、
先日予告したとおり扇風機を買ってきました!
最初に行ったのはアパートから便利な位置にあるHome Depot。
遠出して買いたいものでもなかったので(←特にこだわりなし)、
その近場の店に行ったのですが、売られている製品たちがとてもぶさいく!
なんていうか、一般のお部屋用には見えないつーか、業務用的で見た目やさしくないんですよ。
風さえ送られればいいと思っていたものの、ごつい感じのものはいやだったので、
次にWalMartまで走りました。本来Wal Martでは買い物したくないんですけどね。
(どうも精神的に受け付けないホームセンター↑)
それでも安さと距離の近さでWal Martで扇風機を買ってしまいました。ちっ


d0130296_9452349.jpg



この扇風機、安いだけあって、全体の造りがプラスチック。
(立たせる棒の部分のみ鉄っぽい)
こんな軽いプラスチックな床上扇風機はこれまで見たことも触ったことがありませんでした。笑
しかもこれは自分で全部組み立てる製品で、その形態にも唖然。
(というか、こんなんできね~!ってすぐに投げ出したくなりました)
(説明書を読むのが大嫌いなので)
(実際は簡単だったけどね)ふっ
それにしても、扇風機って組み立てることが可能な製品だったんですねぇ。
まるでおもちゃですよ?!
(日本の製品は自分で組み立てたりしないと思うんだけど・・・)

ちなみに生まれて初めて見たであろう扇風機に対しNeneの反応は・・・・


▼こんな様子でした。(いわゆる目が点ってやつ?)笑
d0130296_9505526.jpg

[PR]
by nypoliko | 2011-05-30 00:00 | アメリカアパート・インテリア | Comments(0)

犬みたいなネコ、続き。

▼これもなんか犬みたいだなぁ~と。(ちなみに私の膝に両足付いてます)
d0130296_944265.jpg


▼ん?何?
d0130296_9451285.jpg


▼一体何がしたかったのか・・・あ、私が持つデジカメにつられてたんだっけ?(←今思い出す)
d0130296_9455719.jpg



▼おまけ。きをつけ~!
d0130296_94826100.jpg



ブログ村の黒猫カテゴリーをたまに覗くんですけど、
黒猫ってほんと皆よく似てますね~。まるでNeneがあちこちにいる感じ。笑
でも比較的グリーンの目の子が多いでしょうか?
Neneはオレンジ(またはゴールド)のおめめです。
なのでやっぱりオレンジの目の黒猫ちゃんにめろっとなる私でありました~。
[PR]
by nypoliko | 2011-05-27 00:00 | アメリカで猫を飼う | Comments(0)

天井扇風機と卓上扇風機

今日はずいぶん暑くなりました。
仕事から帰宅して室温をチェックしたところだいたい27,8度で、夜になってもほぼ変わらず。
うーん、暑いはずだ!Neneも今夜は涼しいところを探して床上でうだうだしています。笑
でも日本の高い湿気付き猛暑を何度も何度も経験済みの日本人には
この程度の暑さ、な~んてことないっすね。
と言いつつも、これからもっと暑くなるのは確かなので、
今後のために卓上扇風機を買っておこうかなぁと思います。
Webでチェックしてみたところ、40ドルくらいあればシンプルな普通の扇風機が買えそうです。
Memorial Weekendの今週末、ホームセンターでガツンと買ってこようかな。

***これまでの夏はどうしていたんだと思われる方への補足:
留学生時代から別居のための現在のアパートに越すまでは借り物をずっと使っていました。
でも今はそれはなし。私物ではないので夫のところに置いてきたっつーわけで。


実は今日ふと動かしてみたアパートに付いている天井の扇風機。
何時の時代のものかわからないんですが、どこまで信用していいかわからず、
怖くて使えそうもありません。
ちなみに天井扇風機(電気付き)が付いているのは本来ダイニングルームとして使われそうな、
キッチンの横にあるスペースです。(部屋というわけではない)
でもって何気にちょろっと動かしてみたら普通にぐるぐる回っていたんですけど、
実はNeneがそれの下あたりでよくうだうだ転がっているので、
もしその天井扇風機がどさっとNeneの上に落ちるようなことがあったらとんでもないでしょ?
(想像しただけでも恐ろしい・・・)
だから怖くて怖くてその扇風機は使えないと思いました。いや、絶対使いません!(叫)
ま、空気が動いて涼しくなりそうでしたけど、Neneを危険な目に合わすわけにはいかんのだ。涙

▼ちょうどNeneがいる真上あたりに天井扇風機が付いてます。
d0130296_11195276.jpg


アパート中の画像があるわりにこの扇風機が写っている画像が1枚もなかった・・・
(また気が向いたら撮ってアップします)

▼以前MomoとNeneが戯れていた場所でもある・・・涙 (Neneがちっこ!)
d0130296_1123098.jpg


▼Neneの爪にょきーんが結構笑えますね・・・ううっ(と泣く女)
d0130296_11243932.jpg


▼Momoは怒ってる?うご~という声が聞こえてきそう。笑
d0130296_11254111.jpg

[PR]
by nypoliko | 2011-05-27 00:00 | アメリカアパート・インテリア | Comments(0)

玄関待ちとAround 40の・・・

今夜はNeneのみ☆

▼玄関マットに居座る犬みたいな子。(番ネコ)
d0130296_11192641.jpg


▼物音がするとすぐに駆け寄ります。
d0130296_11202741.jpg


音に敏感なので、私が帰ってくるといつもドアの前で待ってくれてるんですよ~☆
(私に限らず誰が来てもそうなのだが)




あ、やっぱり一言今夜の藤木直人ナイトについて。
「Around40」の藤木さん好きです☆
「ホタルノヒカリ」のぶちょおの後のドラマと思うとなんか不思議。
年下の蛍ちゃんを相手している大人なぶちょぉさんと違い、
Around 40では年下の男の子(人)役ですもんね。
全然雰囲気違います。でも素敵☆
上手に役を演じ分けてるなぁ。

詳しくはまた今度。言いたい事まだまだあるので。(いらんってか?)笑
[PR]
by nypoliko | 2011-05-26 00:00 | 音楽・ライブ・映画・イベント | Comments(0)

藤木封印ドラマ決定。

藤木さんの過去のドラマの一つ、「スローダンス」見ました。
でも第1話で目が点になることが・・・・

私、このドラマ見たことある!(叫)
しかも最初の1話のみ!なぜかその先は全く知らない!(叫)

そしてよくよく考えてみてわかったのが、これは2005年7月から放送されたもので、
ちょうどその年の6月ごろ、わたくし日本に一時帰国をしていたのです。
そして確か7月初旬にアメリカに戻ったため、たまたまこのドラマの第1話だけ見れたみたいです。
でもねぇ、、、、
このドラマのことをすっかり忘れていたのはともかく、
当時藤木さんが出演していたことに気付いていなかったというか、
気にも留めていなかったのが結構ショック。ガーン
第1話のストーリーとかはほとんど全部見た感覚だったので、
理一(妻夫木君)のお兄さんのキャラもちゃんと覚えていたんですが、
それが藤木さんだったとは・・・むむむ

でもね、これの藤木さん、ちっともよくなかったです。(ズサッ)
ルックスは当然いつもの通り魅力的なんですけど、演じていたキャラクターがどうもだめでした。
なぜって?
だって、だって、深っちゃんではなく、広末さんの演ずるねちょっとした人を好きになるんですよ?!
ななななななななんで????(叫)
私にはちっとも理解できませんでした。(飛ばして見すぎていたせいかもしれんが)←藤木シーンのみ割愛
それっぽい雰囲気になっていく様子を見ながら、やめてくれよ、やめてくれよ、
それだけは止めてくれよぉ~~!!!
という願いは叶わず。。。

キスシーンとか1夜を共に過ごしたシーンもあったんですけど、全然美しくなかったです。(キッパリ)
普段あれだけ見事な藤木さんの胸きうーんラブシーン、ちっともキレイじゃなかったです。(キッパリ)
やっぱ藤木さんならなんでもいいってわけじゃないんだなぁ。
ラブシーンの意味や相手役の人(キャラクターと女優共に)が誰かってことも重要なんだね。(当然か)
そして恐らく深っちゃん相手だったらとても胸にきゅんきゅんくるシーンになったであろう、
第10話の広末さんとの朝食両思いシーンっての?、私には拷問でしかありませんでした。爆
もうね、あのシーンは全部通して見ることはできませんでした。あまりにも拷問過ぎて。
もうね、あのシーンを見ながら、はぁ?はぁ?はぁ~~~??????????
でしたからね。(蛍ちゃん風↑)
あんな展開ありえんっつーの。(飛ばして見すぎていたせいかもしれんが)
とにもかくにも美しくないです。なんで実乃(広末)だったんだろう。
ほんとその疑問が付きまとうんですよ。
衣咲(深っちゃん)を好きになって弟(妻夫木)と張り合うっていうストーリーのほうがずっとずっとよかった。涙
もちろん弟に負けてもいいんです。ちゃんと素敵な女性を好きになって欲しかった。
英介(藤木)さんには衣咲(深津)のほうが合っていたと思うし。。。
実乃を選んだってだけで英介さんの価値がた落ち。
せっかくのなんでも優れているお兄ちゃんでなくなりましたです。(偉そう?)

そういえば、英介さんのバーで英介さんが衣咲を抱きしめるシーンはよかったですよ。
涙ぐむ衣咲ちゃんを見ながら私も泣けてきた。あんなことされたら私だって泣いちゃうよ~~。
でも実乃とのシーンは・・・・全然心に来ませんでした。なんかああいうの、流れ的に女性に嫌われそう。
そんなことないっすかね?他の女優さんだったらまたイメージ違ったかな。(失礼)

ってことで、あまりにも中味も後味も悪いドラマだったので(他のストーリーはよさそうでしたが)←深っちゃんだし
永遠に封印することに致しました。
お口直しに、繊細で胸にぐぐっとくる演技をしている「高校教師」をちらっと見ました。
お口直しが必要なほど私にとってとってもまずいドラマだったスローダンスでありました。ちゃんちゃん

藤木さんファンでこのドラマが好きって人、多分いないと思う。キッパリ
[PR]
by nypoliko | 2011-05-25 00:00 | 音楽・ライブ・映画・イベント | Comments(0)

ちょっとだけ「幸せになろうよ」

不覚にも、「幸せになろうよ」の第6話で結構泣いちゃいました。
これまでは矢代さんを演ずる藤木さんを見るためだけに見てきたこのドラマ、
ようやく普通に主人公二人に関わるストーリーに興味が持てるようになりましたね。
これまでの主人公の二人、ひたすら暗かったですもんねぇ~~・・・・
じと~っと、陰気でしたもんねぇ~~・・・・・(あんなにじとじとする必要があったのだろうか)
でも第6話で一気に普通の恋愛ドラマモード。やっとかい!やっと楽しい気分になってくれたかい!
って感じですかね。

でもその代わり、藤木さん演ずる矢代さんの存在の意味が今やもうなくなっているような。
矢代さんの家庭の問題はドラマとして実はもういらんよね?汗
一応柳沢さん側の問題として必要な昔の男:矢代さんかもしれないけど
(恋愛ドラマにもめごとは必要でしょうから)
なんとなく矢代さんとその奥さんの問題はどっか蚊帳の外って感じしません?
それにね、個人的に矢代さん(藤木さん)が傷つく姿は見たくないっつーか。
最後までクールな人のままでいて欲しいっす。
奥さんに傷つけられるようなキャラにならないで欲しい。。。
色んな面でひっどい男だったけど、それでも矢代さん(いや藤木さん)が悲しむ姿は見たくない。。。
(↑藤木さんと矢代さんをごっちゃにしてます。)笑

にしても、奥さん、ほんっとやな感じですね。(あの声と口調が相当いやだ)
でもま、最初に見せかけていたような、
奥さんがいい人で矢代さんが奥さんを傷つけるっていう展開もいやなんですけど。
だから今のような流れでいいのかな?(どっちや)
子供は浮気相手の男性の子だって言ってるみたいだけど、
実際生まれたら血液型とかから矢代さんの子だったってなるんじゃないかな。
そうしたらすべて丸く収まるでしょ。(浮気相手の男ことはドラマ的にどうでもいいはずなので)
お互いの浮気の過去は水に流して、生まれてきた小さな命を二人で育てようって。
矢代さんの夢通り、3人であったかい家族でも作るのかな。ちっ ←なぜ
[PR]
by nypoliko | 2011-05-24 00:00 | 音楽・ライブ・映画・イベント | Comments(0)

コーヒー缶活用法:Neneを守るのだ

ようやく気候のよい季節になり、部屋の窓も一日中開けておくくらいにもなりました。
私のアパートは3方に窓があるので、風通しがとてもよいです。
こういう住環境、やっぱりありがたいわ~。
日本に帰国することになって、日本でもアパート暮らしをするとしても、
今と同じ条件の暮らしは絶対無理だなってわかります。
多分私が住めるレベルの日本のアパートでは、
キッチンやバスルーム(お風呂場か)に窓も持てないでしょうしね。
日本のアパートに何度か住んだ経験上、それは今も同じだろうなって思います。
だから私はアメリカに居座るのだ。(ほんまか)

さて、窓を開けたことでNeneは窓際で過ごすことがより多くなりました。
外の空気を吸えることも気持ちがいいんじゃないかな?
猫は太陽の光に当たる必要があるみたいで(どの動物も同じかい?)
そういう意味でも窓際でその太陽光の栄養をガンガン吸収して欲しいっす。

d0130296_6413083.jpg


ただし、今住んでいるアパートはいい感じ☆と言いつつも、
やはり相当古いアパート(1940年代に建てられたものです)、
あちこちガタもきていて、たとえばリビングルームの窓枠は既に取替えられているのですが、
その枠が窓に合っていないのか、窓を上に開けた状態で留まってくれないところもあるのです。
西洋の住宅スタイルらしく上下に開けるタイプは全ての部屋の窓についていて、
窓を大きめに開けたい箇所にはコーヒー缶に水を入れて各窓の端っこに設置し、
もし窓ががさっと落ちてきてもNeneの首や身体を締め付けることのないようしてあります。
コーヒー缶を何個も取っておいてよかったっす。汗


▼窓で死にたくにゃいんだにゃ。。。。
d0130296_643581.jpg

[PR]
by nypoliko | 2011-05-23 00:00 | アメリカで猫を飼う | Comments(0)

金太郎飴な藤木映画

藤木さんの映画「g@me」、2回目の記事となります。(なぜか)

藤木さんのドラマ「夜光の階段」は美しい藤木さん見放題、どこを切っても藤木さん、
金太郎飴みたいなものだと言われていた記事をどこかで見たんですが、
私にとっての藤木直人金太郎飴作品は映画、「g@me」です。
クールでエリートな役柄上もあってか、私にとってツボな、つんとすましたような、
ちょっとぶすっとした顔の藤木さんがたくさんで、
色っぽいシーンもあり~の、胸にきゅんきゅんくる切ない、苦悩の表情もあり~の、
主役の作品ということもあり、g@meは素敵藤木さんだらけでもう、たまりませんですよ。
でもあいにくこの映画は大どんでん返しが幾つかあり、それが強烈なものですから、
これから見る人たちのためにはっきりした内容を書けないのが残念。くぅ~
共演の仲間さんが藤木さんは目で演技をする方だと言ってましたが、
この映画に限らず、どの作品でも確かにそんな印象がありますね。

そうそう、この映画の予告トレーラーをも観たのですけど、
あれ、詐欺ですね。笑 あ、悪い意味は全くないですよ。
私はあれを見ずに本作品を見ましたが、
もしトレーラーを先に見ていたら、色んな意味で騙されたと思う部分があったはず。
トレーラーの内容で映画の内容を大体想像しちゃうもんだろうし、
展開や結末までも勝手に予想してみちゃうわけで。
でも実際ああはならないし、あんな場面もない。笑
映画本編の冒頭シーンにもはめられるなぁ。(これネタばれじゃないよね?)

あと、藤木さんが舞台挨拶で、この映画を一度見た後また見て、
仲間さん演ずる彼女の気持ちの動きなどを確認して欲しいというようなことをおっしゃっていて、
更に彼の言うようにこの作品は展開やラストを知った上でリピート見する価値大です。
藤木さんファンでなくとも2度、3度楽しめるはず。よい作品でした・・・
[PR]
by nypoliko | 2011-05-23 00:00 | 音楽・ライブ・映画・イベント | Comments(0)

いつも一緒☆

基本的にいつも私の側にいるNene。
お互い依存してます。笑

▼ソファーに寝転がる私の横でべろりんNene
d0130296_22485840.jpg


▼じとーっとにらみを利かす
d0130296_22505262.jpg


▼しつこくじとーっと。笑
d0130296_22512478.jpg



依存と言えば、藤木さんのドラマ「高校教師」で意識した言葉です。
確実に精神的にNeneに依存している私なんですけど、
もしや藤木さんにも依存してないか?笑
自分の生活を見ていると引きこもりになっている感も否めませんが、
それが悪いとも思わないし。静かな生活ばんざーいですし。
とにかくなるべく家にいたいわたくし。
Neneを置いて長時間外出なんてなかなかできません。涙
[PR]
by nypoliko | 2011-05-21 00:00 | アメリカで猫を飼う | Comments(0)