にゃんこと暮らす・アメリカ・アパート

nypoliko.exblog.jp
ブログトップ

タグ:あんちゃん ( 25 ) タグの人気記事

あんちゃん、増える予定

話題のあんちゃん掲載の2舞台雑誌、本日注文ずみ!
コチラには年明けに届く模様・・・・
新年早々の北山君を楽しみに待ってます♡
私が持っているあんちゃんコレクションはわずかだけど、
ここにまた2冊増えるかと思うと・・・・
なんだかそれだけで幸せだよ~~
(普段から幸薄いから~)
(気の毒か~)
d0130296_09490900.jpeg
あんちゃんがしっかりとした記事になるのは恐らく今回が最後。。。
内容を詳しく確認せずとも自分には必要だと判断してぽちっと致しました!
あ、某ミツ担さんからの裏情報も参考にさせていだきましたよ。( ̄▽ ̄)Thanks!

北山君の舞台方面のお仕事の可能性に期待と希望を胸に抱きつつ、
大事に大事に北山君の言葉を読みたいです。楽しみ~♡


☆☆☆


お仕事と言えば・・・(←無理矢理)
夢と現実どちらを取るかってやつ・・・
あれはどう見ても最初から夢は取らないよね?
どちらを選ぶか?!なんて筋書がない方が普通に見れた気がしますよ・・・
横文字お仕事系の夢を諦め和の家業を継ぐ看板娘。
1週間のおためし人生はアメリカNYとハワイで。ふーむ
いかにも視聴者が喜びそうなキーワードが並びすぎてて、
それだけで、
なるほどね・・・
釣り釣り番組ね・・・・
ってなっちゃうじゃないですかい。
(ひねくれババアはこんなもん)

でもふと気が付いたことが・・・
実は、、、私、、、彼女たちの真逆をやって、今に至るわけで・・・
和の事業を置き去りにした末、
英語圏で働くことが諦められなくてアメリカに渡ったんだった・・・Σ(゚д゚lll)ガーン
(こっちに来て色々大変すぎて忘れてた)
そんでCat Ladyジャニヲタ孤独死で人生が終わる・・・・
(自虐がひどい)
そもそも日本で動物と暮らしたことなんてなかったし、
ジャニーズを好きになったことも一度もない。
正に想定外に歩んでいる自分の海外人生。
なんでアメリカに来て日本のアイドル追っかけてんのって。笑

彼女たちの場合はいずれの人生を選んでいても成功して幸せになりそう。
きちんとした人ってどの道に進んでもうまくいくんじゃないかな~。

私はこんな人間だからこんななんだけど、
(どんだけ自虐)
自分がこの道(日本を離れる)を選んだことに後悔はしてないです。
全くと言ってね。
こっちに来てからの細かい選択はあれやこれや後悔だらけとはいえ、
やっておけばよかった・・・っていう後悔を一生引きずるほうが恐ろしいから。
だからあの時こっちに来る決断をしてよかったです。(^^ゞ
ズバリ、自分が幸せとはあまり思わないし、
こういう人生って’幸せ’ではないよね~?と思うんですけど、
諦めて日本に残っていたより、
どん底だった10年前より、9年前より、8年前より、
遥かにいい人生(マシな人生)を今送ってる!
(結局どこまで行っても自虐)





[PR]
by nypoliko | 2017-12-29 10:18 | アメリカで北担☆

あんちゃんを振り返りたい

情報ブログみたいなことは全くしない私なんですけども・・・
これはちょこっと書いておかなければいられない~~!!!

ツイッターで発見した情報。
最新舞台雑誌の内容がこれ!

【STAGE SQUARE vol.30】
出演舞台を中心に2017年を振り返る「Playback STAGE 2017」は必読です!
阿部顕嵐/生田斗真/石丸幹二/井上芳雄/今井翼/上田竜也/ウエンツ瑛士/
浦井健治/大倉孝二/大倉忠義/柿澤勇人/片岡愛之助/
加藤シゲアキ/北山宏光/小池徹平/早乙女太一 →

【BEST STAGE】2018年2月号は12/27発売! 
◆BEST STAGE RE:ACT of 2017「2017年を振り返る」
生田斗真/上田竜也/浦井健治/北山宏光/小池徹平/
小西遼生/坂本昌行/鈴木拡樹/瀬戸康史/滝沢秀明/
林遣都/古田新太/三浦涼介/森田剛/横山裕・大倉忠義・安田章大

(以上、文字のみコピペしました)

あんちゃんを振り返る記事が載ってるみたい。
でもどれくらいの量なのか不明だし・・・
欲しいけど読みたいけど掲載量によって考えたいです。
どなたかネタバレしておくれ~(量のネタバレのみで)
(なんせアメリカに取り寄せると倍のお値段になるから)( ;∀;)ケチでごめん
d0130296_09464856.jpeg
後々になってこんなにお熱になるとは私もわけわからん女だね。
ただただ、凌君を演じてる(た)北山くんが気になってしょうがない。


[PR]
by nypoliko | 2017-12-27 10:02 | アメリカで北担☆

あんちゃん、もう一度だけ

世間はライブ映像発売情報解禁で歓喜溢れてると思うのだけど、
私は一人しんみり中、、、

ライブよりもあんちゃんが見たい、、、(;ω;)
d0130296_09141355.jpeg
凌くんがバイト先にいるシーンはエプロン姿で表現されていて、
なぜだかその姿が一番自分の記憶に残っていて、
その記憶の残り方も、
ビジュアル的なものっていうより、
感覚的なもの。
ビジュアルで言うと、
ちくわぶやランドセル姿とかの方が、
よっぽど印象的ではあったかもしれないけど、
そういうんじゃなくて、
もっと心に沁みたやつ。

凌くんがお父さんにちょっと優しさを見せて、
心を開きかけてたところだと思うんですが、
あの辺りの凌くんの声の柔らかなトーンがたまらなくて、
自分の脳から指先から心臓まで響き渡った記憶なんですよ。
これって怖い表現かな?笑
あの凌くんの声にシビれてしまったー。
今思い返しても震える、、、
あれだけは絶対に忘れないです。


某みつ担さんと大阪公演を観て、
東京で一冊だけリポートのある舞台雑誌を買って、
その時はそれだけで充分よかったはずなのに、
アメリカに戻ってから、
どんどん薄れていくあんちゃんの記憶が悲しくて、
もっともっとあんちゃんの形が欲しくなって、
この前過去の舞台雑誌を追加で注文しました。
舞台レポが載ってるやつね!
(探し出すの苦労したよ、、、💦
d0130296_09151077.jpeg
わざと暗くしてあります⬆️

あんちゃんの映像化、ありえないよね、、、
一公演でも収録してたのかどうかもしらないけど、
全く収録してなければ、
どんだけ映像化を願っても叶うわけもないしね。
だから舞台雑誌の舞台レポで我慢するしか、、、

ううううー。(;ω;)あんちゃーん



ついでに書いちゃうけど、
アリーナツアーライブ映像と特典に全く心惹かれないから、
今回は全面的にパスすると思います。。。
びっくりですね。自分で言う。
今年のライブに関してはもう忘れさせてもらって(どんだけ
次回に期待します、、、

[PR]
by nypoliko | 2017-12-19 09:44 | アメリカで北担☆

『あんちゃん』求む

日が経つほどに記憶が色濃くなっていくような気がする北山君の舞台『あんちゃん』。
1回観ただけじゃどうせあんま理解できないだろうし、
すぐに忘れちゃうだろうなぁ。
って思っていた舞台なんですが、
身体と脳が絶対に忘れまいと頑張っているのか、
記憶力の乏しい自分にしては珍しくまだまだ記憶に新しい感触です。
これって気持ちの持ちよう次第なのかもなぁ・・・
『あんちゃん』は忘れちゃあかん!
って心が叫んでる感じがしてしょうがないのです。
(なんか壊れてる自分↑)

鑑賞したばかりの時は、
ふぅ~ん、
こういうのか・・・
何度も見なくてもいいかな。
くらいの感想しかなかったんですが(スマン)、
舞台雑誌にある場面を振り返ってみると、
じわじわ蘇り迫ってくる舞台での北山君の

それらにやられてる今日この頃、、、

歌があった方がよかったとか、
もっと違う顔の北山君の方がよかったとか、
当初は次回の舞台への期待と要望ばかりが出てくるほどだったけど、
今はそれより『あんちゃん』での北山君の話し声がまた聞きたくてしょうがない。
歌声も大好きだけど、
やっぱり北山君の話声はたまらんのだね・・・。
しかもこれまで聞いたことのないようなトーンだったし(そういう記憶)尚更。
後になってかなりじわってます。

映像が販売されたらそりゃありがたいけど、
この際音声だけでもいいんだけどな。
そういう商品が日本にあるのかどうか知らないけど、
オーディオブックとなるものがアメリカにあって、
図書館アイテムジャンルの一つでもあるんです。
(サーチしてみたらアメリカでのオーディオブック市場は大きいみたい)
あぁ、ほんとに音声だけでもいいから商品化してほしいわーーー( ;∀;)

ずーっと俯いたままの凌君のイメージではあったけど、
子供時代と大人時代、
おとなしい凌君と感情的になった凌君、
両極ともいえる演技を見ることができた作品であったわけで、
当初受けた印象とは違いかなり見応えのある舞台だったはず。

ほとんど凌君(北山君)ばかりを追って観た舞台だっただけに、
もし次回があるならば全体的にちゃんと観てこの舞台を味わいたいです。
どこまでが北山君への当て書きだったのか私には想像もできないけど、
北山君が個人的な思いを寄せて演じていたとなると、
もっとじっくり見たいという気持ちに今更ながらになりますよ。
(もう見れないけど・・・)つらっ、おそっ

d0130296_19313864.jpg
こういうのって、
立て続けに鑑賞するよりも、
ちょっと間を置いたほうがいいのかもしれません。(私は)
2年前の滝沢歌舞伎はシンガポールで3公演続けて見ることができたけど、
3回もあるからって贅沢に気が緩んで、
そのせいで一気に通りすがってしまった感じが無きにしも非ず。
だから体と心に北山君が残ってくれなかったような気がする・・・。
滝沢歌舞伎は幸い映像があるから振り返ることはできるけど。
(舞台の性質が違うから単純に比較できませんがね。)

『あんちゃん』はこの夏のあの1回の鑑賞がとてつもなく大きな存在。
貧乏性の私にはこんくらいがちょうどいいのか・・・笑
前も言ったけど、
たったの1回だからより大切になる記憶なのかもしれないですけどね。

北山君、凌君、ずーっと大好き。
一度でも鑑賞できた運と縁に感謝💌

d0130296_04443257.jpg
これらあんちゃんは私の宝♡です



[PR]
by nypoliko | 2017-09-04 09:27 | アメリカで北担☆

『あんちゃん』ウェブサイトが末日までなので・・・

d0130296_06574117.png
全ページ(たぶん)スクショしたよ!( ;∀;)
d0130296_06572465.png


あんちゃんフォルダーを作りました。
あんちゃん関連画像は全部ここへ♡
持ってる雑誌の写真も撮ってあるのです♡
念のためね!

皆さまも必要であれば是非・・・


[PR]
by nypoliko | 2017-08-31 07:04 | アメリカで北担☆

あんちゃん、あんちゃん、あんちゃん:凌君保管

某ミツ担さんとの東京ロケ地巡りの後、
アメリカに戻る前に手に入れておきたかった『あんちゃん』が載っている雑誌を探しに、
某駅の本屋へGO!しました。
(どの駅だったっけ?)

一時帰国前ちょこちょこ色んなミツ担さんブログを覗いていたとき、
何やらの雑誌の『あんちゃん』記事がたっぷりでいいと知ったのですが、
それが何の雑誌だったのかちゃんと記憶になくて、
ドル誌でも舞台雑誌でもなかった・・・
ということぐらいしかわからず(普段雑誌は見れないし買わないからね・・・)
売り場であちゃこちゃ手に取りどれだどれだと確認したんですが、
やっぱりわからず・・・

しゃーねーなぁ。

とばかりに別のコーナーに置かれていた舞台雑誌の幾つかを確認して、
一番気に入ったSTAGE navi Vol.15を買うことにしました♡(んで、買った)
d0130296_04443257.jpg
↑中身の部分をあえて暗くしてあります。意味ないかもだけど。ボソ


アメリカに戻ってきてから気づいたんですけど、
たまたま自分が手に入れた舞台雑誌計3冊全部別々の雑誌!だった!
(同月発売だった北山君表紙の2冊は別出版社ってわかっていたけど)
  • STAGE SQUARE
  • BEST STAGE
  • STAGE navi
今回日本で買った舞台雑誌は既に持ってた2種類のいずれかの出版社のものだと思ってたんですけど、
更にまた別の雑誌があったとは~~。
って、どうでもいいですか?笑

d0130296_04431001.jpg

実は『あんちゃん』のパンフ(とリバーシ)は現場で買わなかったんですよ・・・
だから舞台内容の載っている雑誌を一つでも買って帰りたかったんです。
なんせ舞台が出来上がる前に作られたパンフに興味が湧かなくてね・・・(;^ω^)
そもそもポスター宣伝からして実際の舞台と全然違うから、
舞台パンフから自分の目にする舞台が感じられないような気がして、
そんなだったらきっと持っても意味ないわって思ってしまって、
どうしても買う気になれなかったのです。スンマセン。
(もう終わったから言うけど)
(ライブのパンフも同じ理由で買ってません)

藤木さんの舞台宣伝と実際の舞台は同じだったと思うけど・・・
『あんちゃん』は大幅なキャラ設定変更があったんちゃうかと疑ってます。笑
だってポスターの凌君とステージの凌君、全くの別人だもの!!!!
フライヤーの中身見てもそう思うし。。。
なぜに替えた!?

ま、別にいいんですけどもね。。。
北山君の大人時代~子供時代行ったり来たりの演技が感心する域のものだったから文句は言いません。
声の出し方・・・なのかな。
衣装を含め、顔、姿はまんまでありながら、
それぞれ全く別の時代の凌君に見えたし聞こえたしすごいと言える演技でした。
(他の記事でも書いたことですが)

d0130296_18060571.jpg
ちなみに私、未だ世の中の『あんちゃん』感想に近づいてないんですが
(読んでないという意味)
果たして凌君のキャラ変更疑いをしている人っているんでしょうか・・・
ミツ担界隈でこの舞台が絶賛されていたのはぼやーっとでも知ってます。
(ま、それは当然だよね。)(;^ω^)
でも私は1回しかこの舞台を見ていないし、
多分舞台の見方も人よりすっごい浅いとして、
それだけに分かるべきのところを理解していないのか?
だから宣伝のときと実際の凌君のキャラが違うって思っちゃうのか?
と自分でもちょっと自信ないです。。。

d0130296_00162300.jpg
多くの場面の写真と解説が掲載されているSTAGE navi。
この雑誌本当にありがたい!
自分が観劇してきた場面たちの記憶を呼び起こしてくれるんですよ~
これら写真がなかったら見たものすぐに忘れて思い出すこともできなかったと思います。
こういうパンフなら欲しいのよ、ほんと。
ほぼ本番レベル稽古の時にその様子を含めてパンフを作れないものなのかなぁ?
そうしたらパンフと舞台ステージがちゃんと綺麗に繋がって、
それらしいものになるはずなのに!
そういう作り方はダメなんでしょうかね?

・・・って、
実際の『あんちゃん』のパンフを見ていないからあれだけど・・・。
本番みたいな稽古時のものが載ってたりして~。笑
(もし写真がフライヤーみたいなのだったら別もんだよね)
d0130296_09392356.jpg
↑こんときの凌君超カワイイかった!♡
数少ない笑顔が見れる場面だしね♡
あんちゃんと呼ばれる理由が明かされたとき♡かな~。

また場面ごとの感想を書きたいと思います!

『あんちゃん』は、見たばかりの時と比べ、
時間が経つごとに良い記憶となって自分に降りかかってくるんだけど、
ライブは違うんだなぁ。。。
日ごとに(美化の反対)汚化されていく感じ。ひどいけど・・・
一体この差はなんなんだろう・・・(;^ω^)
もしや・・・他の人のレポや感想を見ないほうがいいってこと・・・なのか?!


[PR]
by nypoliko | 2017-08-27 11:15 | アメリカで北担☆

東京ロケ地巡り:新大久保:グローブ座

ロケ地ではないけれど、
北山君がいた場所というところで訪れました。
『あんちゃん』のグローブ座~~♡
『あんちゃん』の欠片も残っていなかったけど、
その地に一瞬だけでも近づけ立てたのは嬉しかったです♡
東京公演があったころネットでよく見かけた風景だ~。
実際のグローブ座を見るよりも画像で見る方がよく見かけた風景感が高いな。笑

新大久保駅界隈は韓国街のようですごい賑わいだったのが、
グローブ座まで来ると驚くほど閑静で別世界。
観劇前に前もって場所確認をしている人たちがいた記憶があるんですが、
確かにこれはよそ者にはさらっとは来れない感じでした。
(スマホナビがあれば怖いもんなしだけどね・・・)


↓↓↓あああああここにあのあんちゃんポスターが・・・・( ;∀;)

d0130296_17473168.jpg
あんちゃんポスターを・・・・
d0130296_18441966.jpg
グローブ座のあの場に入れ込んでみよう!脳内で!
d0130296_19313864.jpg

☆☆☆


立て続けに「あんちゃん」事に触れてるKITAYAMA DOU?!
自分やファンが『あんちゃん』のことをいつまでも振り返るのはともかく、
なんとなく北山君自身にはあまりしてほしくない感じ・・・
終わった仕事は表向きスパッと終えて前進してほしいっつーかね。
過去の仕事を全部忘れろってんじゃないですよ。
終演してすぐならまだしも、
ファンに向けてのメッセージとしてだったら
立て続けに過去のことじゃなくて、
次に向かっている北山君の言葉が読みたいです。

なーんてほんとに身勝手な気持ちばかりで・・・。(;^ω^)迷惑ファン

ファンがいつまでも引きずってるのに対し、
彼はもう既に次に進んでる・・・
って感じがいいのよ!
そうやって北山君を追っかけ続けていきたいのーーーー。

なーんてほんとに身勝手な気持ちばかりで・・・。(;^ω^)迷惑ファン

だってさ、まるで先のことがないみたいなんだもの。ボソ
ファンの裏読みは怖いのよ!(↑こういう読み取りかたは歪んでる)

[PR]
by nypoliko | 2017-08-24 18:23 | アメリカで北担☆

魔都夜曲とあんちゃん

前回のアメリカで北担☆記事の続きは東京ロケ地巡りの予定でしたが、
その前にちょっとこれを入れ込んじゃいます♡
以前にお話ししたことではありますが、
実は実は日本滞在中に藤木直人さんの舞台観劇もしてきたんです♡
藤木さんの舞台は2年前のNYブロードウェイで行われた「海辺のカフカ」以来。
昨年度の藤木さんの舞台『尺には尺を』は、
自分の一時帰国スケジュールに合わなくて観に行くことはできなかったけど、
今年はばっちりだったよ~~ん。(夏って色んな催し物があるもんだね)

で、その舞台とは音楽劇『魔都夜曲』。
も~めちゃくちゃ楽しかった!(*´ω`)
舞台に入る前の出演者によりる前座トークみたいなやつが面白くてね、
観客と一体になって盛り上がれるんですよ~~
この舞台前冒頭から次なる本編へとぐっと引き込まれて、
藤木さんが登場して、
めちゃくちゃ男前で(むは)、
めちゃくちゃ好青年で(キラキラ)、
マイコさんもすっごい綺麗で(舞祭組君のドラマに出てた女優さんだよ)、
1幕中では密かに眠くなりかけのときがあったものの、
2幕目から一気にどんでん返し続きのはらはらクライマックス。
そして最後の極め付け、
藤木さんのギター姿がーーーーーーー( ;∀;)
たまらんーーーーあれはマジやばいーーーー!!!

ってな感じでね、ほんっと楽しかったの!!!
こういう感覚で舞台を観終われるのっていいわ!!!


☆☆☆



お膝の上の藤木様。
d0130296_19223829.jpg
d0130296_18051314.jpg
あんちゃんでもお花を送ったファンいるのかな?
藤木さんへはいつも台湾から届くんですよ。
私も「NYファンより」って送ったほうがいいかしらん。笑


d0130296_18080071.jpg
9,10月にはライブがあります・・・
行きたかったなぁ。( ;∀;)





☆☆☆

d0130296_18060571.jpg
舞台話となればこれも載せなければいられないワタクシ北担。
あんちゃんの感想をまた別口で書きたいな♡
振り返るとじわじわ思い出してくるから。。。
大人時代のときお父さんにビデオ屋関連の話をしてるときの凌君の声がすっごい好きだったなぁ・・・・
(お父さんが現れたばっかのころね。怒ってるときのじゃないよ。)
気のせいかこれまで聞いたことのない感じの、でもとても優しい優しい声でした。
でもそれは単純な気持ちや感情から出てくる声じゃないから、
あんなにも印象的だったのかな。
あのときの凌君の佇まいと話し声。
なんでもかんでもすぐに記憶がすっ飛んじゃう私にしてはしっかり覚えてるわ~( ;∀;)

もう一度あんちゃんを観られたら・・・・
って思うけど、
一度キリならではの満足感っていうか、
一度キリだからこそしっかり染みこむ記憶っていうか、
そういうのもあるんだな~。
何度も観てこそ見えてくるものもあれば、
たったの1度きりだからこそ心に刷り込まれるっていうのもあるんだと今回知りました。
もしかしたら勝手に記憶が膨らんでくるものなのかもしれない。
それとも自分は貧乏性だからか?
(欲はあまりないほうだし)(高見も目指さない)
たった一つの物や機会をより大切に思えるっていうか・・・?
あ、何度も見てる人らがそれぞれを適当に観てるって意味じゃないですよ。
観劇したすぐあとは結構あっさりした感があったんだけどなぁ?(・・?
しばらく経ってからの方がじわじわ来てる。不思議!

凌君、好きだぜ♡


[PR]
by nypoliko | 2017-08-22 19:24 | アメリカで北担☆

舞台『あんちゃん』、ちょっぴり感想

さてさて、あんちゃんの感想です。
d0130296_19313864.jpg
はー、やっと書けるわ~~♡
あんちゃん鑑賞まで長すぎて長すぎて、
もうどうでもいい気持にもなってたりしてたんですけど(ほんとに)
実際鑑賞してしばらくたった今、
たったのたったのたったの1度でも鑑賞することができて、
心からありがたいと感じています。

正直この舞台に対する私的期待値はかなり低かったです。
北山君の舞台が発表されたときに知ったストーリー性や、
舞台宣伝用の写真↑↑↑を見たのち、
実際舞台が始まってから目にする舞台スナップや、
薄目で見てきたファンの感想を合わせると、

当初とは全く別もんになってないかい?!
想像してたのと違うっぽいぞ・・・(;^ω^)

だったんですよ。
なんとなくですけど、
全体的に自分の好みではないように感じたため、
そんなに必死こいて何度も見たいものじゃないかも。
とずーっと思っていた失礼な私です。
もちろん「北山君」を「生」で見れるって意味では、
誰だって何度だって追っかけたいかもしれないけど、
果たして北山君が出ていなくても見たい舞台かどうか?
という部分がより気になっていました。
だって北山君主演舞台なら内容も限りなく素晴らしいものであってほしいし、
北山君さえ見られればいいってんじゃなくて、
代表作になるかどうかとか、そういうのも含め、
高く評価される舞台であって欲しかったんですよ。

で、実際見てすぐ感じたのは・・・・
積んでまでもリピートして見たいものじゃないってのが本音。ぽろ
あ、それは決して時間の無駄な舞台とかっていう意味ではないですよ。
1度で十分満足できる完成された舞台だったと思ってもらえれば・・・
これって私目線ではすっごい褒めてるんだよ?

なんせ場面や時代の移り変わりを、
同じセットで混乱なくうまく表現されていたところには感心させられたし、
北山君の演技もみんなが言っていた通り、
すごかった!
確かにすごいって言葉がすぐ出て来ちゃう。(ぼきゃ貧だから)
北山君はそのまんまなのに、
違和感なくそれぞれの年齢の凌君が表現されていて、
子供時代の凌君なんてぎぅううううううと抱きしめたくなるほどだったもんね。( ;∀;)あの子ください
子供っぽいパフォーマンスはアイドル演出としてこれまでもよくやってきてるけど、
それらとは全く別物!当たり前かもだけど!

あと、ファンの間で合言葉のごとくだった、
北山君じゃなくて凌君がいたっていう感想も、
確かにわかる・・と思えたんですけど、
でもそんな北山君が全くいなかったあの舞台の中で、
子供時代に移るときや、大人時代に戻るときの袖遣いや移動する一瞬に、
凌君ではない北山君の顔がふっとこぼれていたように見えて、
それはほんのほんの一瞬であるんだけど、
その瞬間にめちゃくちゃドキッとさせられました。
そのためかあの北山君が一番目に心にしっかり焼き付いてます。(スマン)
ドラマや映画の中で演技者の素が一瞬でも見えるとちょっと萎えちゃいそうだけど、
生の舞台でそういうのがあっても案外悪くないというか、
舞台ならではとも思えて意外とよかったかなぁ。
舞台の内容が一番大事とか言いつつも、
結局のところ自分は舞台上で「北山君」が見たいし「北山君」を感じたいのかも。。。
だからあの瞬間がむしょうに好きなんだと思います。
d0130296_00162300.jpg
私は家族愛とか家族のことを考えるのってあまり好きじゃないので、
北山君が私たちに期待したような家族についての感想は出てこないし、
考えさせられることもないんだけど(ごめんね)、
舞台を楽しむ経験をさせてもらいました。
凌君の周りでストーリーを動かす共演者さんたちの役回りや立ち位置がまたおもしろくて、
ストレートプレイは多分これが初めてだったと思うんですが、
自分の大好きな北山君の舞台「あんちゃん」がその初ストレート舞台鑑賞となってよかったです。
それに北山君が出演していなかったら見ることのなかった舞台だと思うと、
これは北山君がくれた演技芸術を楽しむよい機会でした。
ほんとありがたいね♡

それにね、日本で記念に買ってきた舞台雑誌であんちゃんを振り返ると、
1度で十分だったはずのこの舞台をまた見たくなってくるの!

・・・という意味では、
もし大千秋楽日ではなくもっと早いうちに一度鑑賞していて、
舞台情報を何度も何度も見たりしていたら、
積んででも何をしてでも「もう一度!」って必死になってたんだろうか?
今の自分の状況ではもう何をどうしようが、
この舞台「あんちゃん」は見れないから行動に移しようもないけど。
どうなんだろうね・・・?

だけど次なる北山君の舞台は、北山君の歌声が聴けたり、
北山君の大人の顔が見られたら嬉しいなぁ。
「あんちゃん」の役どころでは、
北山君の魅力の一つでもある熱い部分があまり出せなかったみたいだから、
その点もったいない気がしたんですよ。
だって舞台中ほとんどずっと俯いてた印象だし・・・
なのでちょっとだけ消化不良な部分もあります。ボソ

あ、この消化不良感、
この夏のアリーナツアーと同じだわ・・・(;^ω^)

最後に・・・
カーテンコールの時の北山君もすっごく素敵でした!
最初のころはふにゃふにゃしてたって風の噂で聞いていて、
私はそういうところではしゃきっときちんと〆て欲しい人なので、
その点もこの舞台への期待値が低くなっていた部分でもあるんだけど、
うん、大阪大千秋楽日の北山君は立派な立派な座長さんでした。
北山君かっこよかったよ!!!(*´ω`)



[PR]
by nypoliko | 2017-08-19 19:33 | アメリカで北担☆

『あんちゃん』大阪公演:8/8 昼:観劇までの話

キスマイ クマモト 旅行の次は、
北山君の『あんちゃん』です!

・・・・とその前に、
大阪 森ノ宮駅に着いたらこんなポスターが貼ってあったの!
思いがけない場所でキスマイ クマモト オオイタに再会できた~。( ;∀;)感激

d0130296_18382814.jpg
本州のど真ん中からも宣伝してるんですね~。
森ノ宮以外にもあちこちの駅に貼ってるのかな?
キスマイ クマモト オオイタの成功を祈る!ほんとに!
d0130296_18375983.jpg

実は大阪はあまり詳しくないワタクシ。
2年前に藤木さんのライブとキスマイワールド大阪公演参戦で大阪に行ったけれど、
その時も結構迷って散々だった記憶が・・・・
(タブレットナビも使えず)
(当時借りたWifiはすぐバッテリー切れになってろくでもないやつだった!)
その時も・・・と言うだけに、はい、
今回もすんなり行動できませんでしたよ!キー!

まるでお約束かのごとく環状線の反対方向電車に乗っちゃって、
たった4分で着くはずの森ノ宮に30分以上かかったのかなぁ?
反対方向に乗ってしまったとすぐにわかり天王寺で降りたんですが、
単に同じホームの反対側電車に乗り換えればいいと思いきや、
そちらの電車もまさかの間違った方向に走るやつで,
自分が乗ってきた方向すらもうわからずだったこともあり、
(一瞬で自分の取った行動記憶がぶっ飛ぶらしい)
方向転換のはずが引き続き反対方向の電車に乗ってしまう始末・・・・
こうなったら乗換なんて難しいことには挑戦せず(おい)
環状線だから遠回りでもこのまま時間をかけて森ノ宮に行ってやるーーーー!!!
ってな状態でした。くう
ほんっとに自分の方向音痴っぷりに呆れを通り越しますよ。
なんで自分こんなにアホなの?( ;∀;)

でもね、待ち合わせしていた某ミツ担さんも電車の遅れなどがあり、
幸いあまり待たせることもなく会うことができたのですが、
森ノ宮駅で電車が止まりかけのとき、
自分の立つドア目の前のベンチに座わっている某ミツ担さんといきなり窓越しに目が合って、
なんかもうおかしくてしょうがなかったです。
森ノ宮で最初に目に入ったのが某ミツ担さんのお顔って運命的。笑

・・・・ってな感じで、ぬるっと再会をし、
ピロティホールの場所を確認したのち、
早速ランチを摂ることに。
(久々だけどそんな感じがしない摩訶不思議のぬるっとした状態)
(きゃーって抱き合うとかそんなんじゃないわたしら)
(もー、大変だったよね~と言いながらのめちゃぬるっとしてた感)
d0130296_18390538.jpg
↑↑↑メニューにあったおかずと微妙に違ったランチプレート。
もっと美味しいお店だと期待してたんだけどな~(←失礼)
店内は多分舞台待ちのお客さんだらけだったと思います。
でもま、居心地は悪くなく、
ぺちゃくちゃ話をしているうちにあっちゅーまに開演間近になり、
あたふたとピロティホールへ・・・・♡
d0130296_18394214.jpg
凌君の元へ・・・・♡♡♡
d0130296_19313864.jpg
あんちゃんの幕が風に揺れて動いてる様子がまた素敵。( ;∀;)全てが芸術だ

続く・・・

[PR]
by nypoliko | 2017-08-18 19:14 | アメリカで北担☆