人気ブログランキング |

にゃんこと暮らす・アメリカ・アパート

nypoliko.exblog.jp
ブログトップ

タグ:アルバム感想 ( 8 ) タグの人気記事

I SCREAM:通常盤:本編CD:自分的最速感想:最終篇

続きの続きの続きです。

Re:で勝手に下げてしまった前記事。
最後はぐっと挽回しますよ~~。
好きな曲でラスト2曲!!!!


15、 I Scream Night
作詞:KOMU 作曲:Fredrik "Figge" Bostrom / Samuel Engh  編曲:Samuel Engh
再びアイスクリーム。
試聴とのギャップがすごい。
こんなに好きになれる曲だとは思ってなかったけど、
爽やかイントロ~北山君入り~藤ヶ谷君に繋がったあと
モリモリ盛り上がり流れる曲調がいい!!!!(叫)
2番も同じようにモリモリ盛り上がるんだよね!!!
でもでもやたらに盛り上がりすぎず、
ちょっ~とトーンを落ち着かせてるところも締め曲らしく、
だけど寂しい感は作られてなくて、
なんていうか、
まだ先があるような、
続きがあるような、
永遠と続くパーティみたいで、
さよならじゃない感じ。。。
うまいな~って思います。
寂しいのやだもん。

まぁ、私はこの後ボーナストラックも続けて聞くから、
最後の曲ではないんだけど、、、
(わたくし、CD挿入順に聴く人です)
YES!I SCREAMから最後のI SCREAM NIGHTまでほんとにいい曲ばかりで、
構成も完璧じゃないですかい?
「アイスクリーム」が北山君案だって聞いているせいか、
それだけでもしかしてめちゃ贔屓目に見てるかもしれないけど、
このアルバムの「夏」と「アイスクリーム祭り」な感じがたまらない♡
前もどこかで言ったけど、
北山くんがアルバム中のあちこち隅々までいるような気がする。好き♡

d0130296_20535843.jpeg

[bonus track]
16、 WANTED
作詞:イワツボコーダイ 作曲:Erik Lidbom/イワツボコーダイ 編曲:Erik Lidbom
この曲に関してはちょこちょこ既に書いてきてるんですが、
そんだけ気に入ってる証拠かな。
(嫌なこともねちねちしつこく書くタイプではあるが)←皆さまご存じ
ほんとにほんとにボーナストラックがこれでよかった♡
ボーナスって呼ぶからには特別感はやっぱり欲しいしね?
ダイスキ感は必要でしょ?
なんせ一番目当てと並んでダブって買うんだから。ボソ

そうそう、WANTEDをポカリのCMに是非♡
というのが私の主張でして、
以前、歌詞に「6月」ってあるからだめやん。
なんてことを書いたことがありましたが、
歌詞カードを見たら「6月の夏」じゃなくて「特別な夏」だった・・・
(一体どんな耳してるんや)
ってことは、ポカリのCMに問題なく行けませんか?ね???
はやくはやく、
夏が終わる前にポカリで使ってーーー!!!(叫)



終わり。



キスマイ君、こんな素敵なアルバムをありがとう!!!
このアルバムを引っ提げてのライブツアーが楽しみ♡♡♡
絶対行くよ!!!!!
(無事日本に辿り着けるよう願掛け)




by nypoliko | 2016-06-27 11:44 | アメリカで北担☆

I SCREAM:通常盤:本編CD:自分的最速感想:後篇

またまた続きです。


12、 MU-CHU-DE 恋してる
作詞:SOU (COZMIC CODE) 作曲:KASUMI /SOU (COXMIC CODE) 編曲:KASUMI (COXMIC CODE)
これはですね、
Gravity通常盤に入ったまんまを延々と聴いていたこともあって、
再生率めちゃ高いんです。
(わざわざスキップもしないし)
なのでもんのすごく頭に入ってると思う。
でもめちゃ好きってわけでもなくて・・・
この曲を聴いて一番盛り上がったのは、
藤ヶ谷君のCM宣伝で見たときかな~。
だけどなぜかそれ以降好き度は下降線・・・・
多分北山君の声があんまないからだと思います。
これのレコーディング風景が特典になっていた盤も買わなかったしな。
(内容は転がってるものでちょろっと見かけましたが)



13 NOVEL -Album ver.-
作詞:イワツボコーダイ 作曲:GRP/イワツボコーダイ 編曲:鈴木雅也
編曲が違うのはなんとなくわかるようなわからないような。
他の曲の別バージョンを聴いたときと比べると、
今回は感動が少ないというか、
違いがよくわからない・・・珍しく・・・
原曲をあまり聞いてなかったのかな?(;゚Д゚)



14 Re:
作詞:Kis-My-Ft2 作曲:原一博 編曲:井上慎二郎
超問題作のRe:
最初にフルで聴いたとき、
実はちゃんとうるっと来たんです。
でも歌詞にある言葉で泣いたかっていうと、
どうだろ。

まず試聴のときに、
メロディーがやばい。これ泣くわ。
って思っていて、
フルで聴いてみたら、
試聴のときと同じく、
メロディーがすーっと入ってきて、
この曲は音で動かされる素敵な作品だと今でも思います。

でもね、、、
歌詞を見て、
あれ?
こんだけ?
って思ってしまった。。。
それと同時に、
自分はこの歌の対象にどうしてもどうしても感じられなくて。
聴けば聴くほどなんか寂しい。ボソ

でも結局のところ、
アイドルとファンとの距離なんて縮められるものじゃないですもんね。
たとえばこのアルバムにある似たような曲調の「夕空」と比べても、
関係性が違うだけに、
Re:で使える言葉も世界観も違って当然で限られる・・・
って思えば、
Re:はあれでいいのかもしれないです。
彼らは言葉のプロフェッショナルでもないんだし。
Re:は距離感ありありなラブソング。
アイドルは遠いのだ~~。

注:特典映像は無関係で書いてます。
あくまでもCDの感想なんで。
ただ、特典で補おうなんてあかんで~!



ちょっと長くなったので・・・・、
いや、気持ちが盛り下がり中なので(;^ω^)
最終篇に続く。
d0130296_02271024.jpeg

by nypoliko | 2016-06-27 06:12 | アメリカで北担☆

I SCREAM:通常盤:本編CD:自分的最速感想:中篇

続きです。

07、 Flamingo
作詞:Ryohei Yamamoto 作曲:STEVEN LEE/Drew Ryan Scott/ Sammy Naja 編曲: Sammy Naja/STEVEN LEE
大人っぽい~洋楽っぽい~♡こういうの待ってた~♡
はあああああ♡
こんなキスマイで初めてっぽい曲、興奮する♡
ラップの低めの声としっとりと流れるR&Bメロディー。
ライブハウスで聴いてるような錯覚を起こすというか、
ドームじゃなくて、
路地裏小さなライブハウスなんかでじっくり近くで聴いてみたい。
キスマイがかっこよすぎるよ・・・( ;∀;)
キスマイ全員の個性的な声がうまく散りばめられてますよね。
改めて、キスマイ7人が持つ声の強みに気付かされます。
これを聴くとね、
ソロ曲でみんながそれぞれかっこいいのやったらよかったのにって、
やっぱり思います。
いい声してるんだもん。ファン喜んだよ、絶対!
キャラが必要なのかもしれないけど、
話題になりやすいかもしれないけど、
個性を出すことが生きる道なのかもしれないけど、
アルバム特典で出すことで、
どんだけ生きてくるんだろうって思ったりもする。。。
(ごめん)



08、 夕空
作詞・作曲:竹内雄彦 編曲:千葉純治
んー、試聴のあれでは感想が出てきません。(;^ω^)

。。。という言葉しかなかった試聴感想。
でもフルで聴いて感心しちゃった。
曲は試聴で聴いてた通りのやさしさがずっと続くんだけど、
歌詞がね、もっと優しい、切ない、愛おしい。( ;∀;)
恋人同士の情景がやわらかく浮かび過ぎるんですよ。
歌のぬくもりが伝わってくるよね。
プロの力を思い知るよね。。。
(Re:のガッカり感が・・・)←今は言うまい



09、 最後もやっぱり君
作詞・作曲:つんく 編曲:大久保薫
夕空の次にこれ!(´;ω;`)ウッ…
改めて、なんていい曲だったんだろうって思う。
夕空とこれがアルバム中の優しい一休み。
みたいな感じかな。
北山くんが自分のソロ曲のことを箸休めって表現していたけど、
夕空と最後もやっぱり君の時間がそれに当たるかも。
悪い意味じゃなくてね。高級箸休めですよん。



10 AAO
作詞・作曲:ナオト・インティライミ RAP詩:IGOR 編曲:河合英嗣
わーい!大好きなシングル曲!ヾ(*´∀`*)ノ

これこれ、Gravity以外でめちゃ聴いた曲もう一つあった。
AAOはね~、めちゃめちゃダンスがしたくなるんですよ~~ヾ(*´∀`*)ノ
Zumbaにも使えると思うんですが、
AAOを聴きながらテキトー一人Zumbaやってます。ぶは
以前も書いたことなんだけど、
キスマイ楽曲専門ダンス教室が欲しい!!!
そこでダンスを習えたらどんだけ楽しくて幸せなの!?
キスマイがやってる通りじゃなくていいんですよ。
やってる通りのダンスも覚えたいけど、
曲を使って新たなダンスを作ってもらって踊るのもいい!
権利問題が発生するだろうから、こんな夢叶わさそうだけど、
しかもアメリカにいてはありえないけど、
はあああ~キスマイの曲で踊りたい♡
(自分で創作は無理っす)



11、 メガ☆ラブ
作詞:イワツボコーダイ 作曲:Kevin Charge イワツボコーダイ 編曲:鈴木雅也
アイドル曲がやってきた☆
こういうの、このアルバムではこれ1曲だけかな?
私はこのタイプが続きすぎると一瞬で飽きちゃうので、
ライブでもそこそこにしてほしいなと・・・ボソ
(去年のライブの中盤がね・・・つまんなくて)ボソ
会場が一体になれそうな演出になるんですよね。
キスマイ君たちがドーム中を走り回ってくれるの?
北山君、少しでも近くに来てくれるかなぁ・・・・


後篇に続く・・・・


d0130296_20535843.jpeg


by nypoliko | 2016-06-26 21:01 | アメリカで北担☆

I SCREAM:通常盤:本編CD:自分的最速感想:前篇

今回のアルバムにはソロ曲が一切入らないということもあって、
(藤北ユニット曲はあるけど)
キスマイ7人の楽曲が普段より多く入り込んできたはずで
その分濃いアルバムになるか、
はたまた単調気味に感じるか?
と気になっていたんですが、
思いのほかめちゃくちゃかっこよくて泣くーーー!!!
特典とかなくてもよかったのに!!!!
そんなもんに助けられなくても売れるべき作品なのに!!!!
ってなくらい素晴らしい作品だと思うのです・・・・。
特典ばかり推して推してアピールしまくって、
アルバム本編に触れない宣伝調子になってしまうのはしょうがないのかもしれないけど、
(5周年記念だもんね・・・)
やっぱアルバム本編を世の人たちに知ってもらいたい。
キスマイの良さに気づいていない人たちに勧めたい!
(えっと、私、盲目になってませんよね?)←念のため

あんまりにも一瞬でアイスクリームに惚れてしまったし、
他の意見とかに惑わされる前に、
自分の興奮っぷりを一気に書いてみます!
(たぶん遅くとも半分辺りで一休みすると思うが)

d0130296_02271024.jpeg




01、 “5th” Overture
作曲・編曲:CHOKKAKU
大イベントの始まり始まり~♡
なムードで一気にアルバムに吸い込まれる💛
そんな今回のOvertureはいつもより少し長いように感じたので、
過去アルバムのそれぞれの時間を確認してみました。

  • Kis My World 1分43秒
  • Kis My Journey 1分25秒
  • Goodいくぜ! 1分27秒
  • Kis My 1st 1分06秒

それがどした?って感じではありますが・・・
5thアルバム:I SCREAMのOvertureは、1分55秒☆
やっぱ一番長いよ!


02、 YES! I SCREAM
作詞:KOMU 作曲:Tommy Clint 編曲:CHOKKAKU
再びですが、
これはラジオで流れたときに感想を出したので、
ここでは端折ります。

しっかし、ノリノリになれて元気がもらえるハッピー系の曲はやっぱりいい💛
カッコイイのも好きだけど、
北山くんが鼻血ブーにかっこいいのも大好きだけど、
この手の楽曲も譲れません。
そもそもこれはハッピーなだけじゃないですからね~。
ぐっと熱いものも感じられて、
じわっと来る部分もあって、
間奏ダンスの北山君パートが美味しすぎて涙出そう~~。



03、 Summer Breeze
作詞:Komei Kobayashi 作曲・編曲:Jeff Miyahara/Paul Ballard
波の音がする・・・・(´;ω;`)ウッ…
こんなのキスマイで初めてじゃない??
やだやだやだ!!!!よすぎてやだ!!!!
海が近くにあるところで育っている私には尚更ぐっとくる!のかも!
北山君の歌声がものすごく爽やか。好き♡♪~(´ε`")
波の音がバックにあるせいなのかな?
北山君の歌声が青い空と青い海と白い雲と波打つ砂浜を連れてくる感じ。
すごいよ~~!!!

試聴の感想の時も書いたんですが、
これは絶対にドームてくてく歩きでは歌って欲しくない。
揃ってガシガシ踊るタイプの曲じゃないかもしれない。
でも7人で1か所に集まってステージを作って欲しい!
7人をまとめて見れるステージで7人のこの曲を聴きたいです♡



04、 Gravity
作詞:Rhyohei Yamamoto 作曲:Kneto Takeda/Takuya Harada/Christofer Erixon 編曲:CHOKKAKU
も~~これはシングルCDで既にか~~~なり聞き込んでます。
下手したらこれまでのキスマイシングル曲の中でいちばん聞いてる?
ってなくらいな嵌りよう。
通常盤にあるBallad Ver.も同じ曲として扱ったら倍になりますしね~。
いやほんとなんか異様に好きになってしまった曲でして・・・♡
シングル曲でここまでクールでカッコイイって思えたのって久しぶりなのかな。



05、 PSYCHO
作詞:JUN 作曲・編曲:Markus Bogelund/Obi Mhondera/Tim Hawes
試聴のときより更に更にカッコよかった!
やっぱりこのトーンはKAT-TUN系のクールさ?
どうしてもKAT-TUNっぽいって思っちゃう。
真似しているという意味ではなくてね。
こういう曲までもこなせるなんて、
キスマイが何者にもなれるマルチな表現力を持つ証の一つにも感じます。
キスマイ最高だ~~♡



06、 & say(北山宏光 & 藤ヶ谷太輔
作詞:T.Fxxx / 栗原暁 (Jazzin'park) /JUN /久保田真悟 (Jazzin'park) 作曲:HusiQ.K /久保田真悟 (Jazzin'park)/栗原暁 (Jazzin'park) 編曲:久保田真悟 (Jazzin'park) /栗原暁 (Jazzin'park)

ぎゃああああああーーーー!!!!
ダントツダントツダントツでこれが好き!
アルバムん中でダントツ一番ーーーー!!!
あの入口辺りの声、
Ah~~~~yhea~~ってなになになになになに!!!!!
ラップが好き好き好き好きーーーー!!!!
鳥肌涙もので鼻血ブー!!!!!!

あんまりにも刺激的にかっこいいから、
ライブでのステージが、ステージが、ステージが
鼻血ブーになりすぎる予感・・・・( ̄ii ̄)

北山君の様々なトーンが混ざった作曲、天才!!!
いや、天才通り越して宇宙様♡
(え、FIRE!!!ってなんでしたっけ?ってなるくらいです)

あと、編曲がインド風で新しいな~と思いました。
インドのBollywood danceを思い出したんですよ。
↑↑昔見てたTVShowがきっかけで知ったこのダンス。
まさか藤北ソングに入り込んでくるとはん♡(←違うとは思うが)
これこそ新しいキスマイ、新しい藤北だよ~♡



藤北最高♡でここは締めて次回へ続く・・・・



by nypoliko | 2016-06-26 03:40 | アメリカで北担☆

KIS-MY-WORLD:CD感想一気書き:最終編

CD感想一気書きと言いつつ、4回に分かれてしまった記事ですが、今度こそ最終回。
最初は1記事にするつもりで書いて、その記事の途中でとりあえず半分に分けようと決め、
結局それは達成できなかったどころか、最終的に4個の記事に分かれることに。(;^ω^)
でも今日こそ完結しま~す。


12、Shake Body!!
最新シングル曲:KISS魂のカップリング。
これは以前隠れ鼻血曲として感想を書いたのでそちら↓をご参照願います。
Kiss魂:カップリング曲:Shake Body‼  ←別ウインドウで開きます



13、Perfect World
昨年夏のシングル曲:Another Futureのカップリング。
もうこれ大好き~~~!!!!!
過去に書いた感想はコチラですが・・・
今更Perfect World:感想 ←別ウインドウで開きます
今回もちょびっと書きたい!

Perfect Worldはイントロから爽やかな朝の景色の中にいる北山君を感じられるメロディーで、
無条件で幸せ気分にしてくれるからとても大好きな曲。
キスマイの曲で好きな曲はたくさんあるんだけど、これはなんか特別な位置にあります。
どこにあるのかって聞かれるとよくわかんないんだけど。
泣けるとか感動するとかカッコイイから好きとかってのとは違って・・・
とにかく好き♡
人を幸せな気持ちにするミュージック。
これはもしかしたらKis My Worldコンセプトに沿ってる曲の一つかもしれません♪
当初からキスマイ君たちが歌うところを観たいと願っていたものでもあり、
今回ライブで歌ってもらえる(はずだ)から、嬉しくてたまらない。涙



14、Thank youじゃん!
昨年末に発売されたシングル曲。
これも過去に感想を書いてますのでもしよろしければそちらを・・
(こんなんばっかじゃないか!)(;^ω^)

この手の楽曲は好き嫌いが分かれそうなんだけど、私は好き派です。
曲のタイトルを知ったときのみ「ええええ・・・?」って思っただけで、
某番組で初披露されて以来ずっとずっと大好きで大事な曲です。
これもPerfect Worldに続き、取ってつけたような(笑)アルバムコンセプトに添えるものかも。
じわじわ納得モード。

ついでにですが、デビュー曲以来なのかな?
Thank youじゃん!のメンバー別VersionのCDがあって、
初めてそういうのを買った記念CDでもありました。
北山君のマルチアングル見まくったなあああああ~!!!
ライブに向けて振付の復習しなくっちゃ。
あ、KISS魂の振付もあるしな。おまけに藤木さんのもあるし。
オバには課題が多すぎる。。。果たして全部覚えられるのか。(;^ω^)



15、KISS & PEACE
このアルバムのコンセプトらしきものにぴったりくるタイプの楽曲ですが・・・
”4th Overture"のセリフがなければもっと心に染みたかも。
あの冒頭の取ってつけた平和を語る言葉たちがなんかね・・・
キスマイのアルバムに世界平和メッセージをわざわざ言葉で入れなくてもいいと思います。
キスマイのアイドルとしての存在だけで既に皆を幸せな気持ちにしてるのは事実だと思うし、
世界平和なんて重いテーマを今のキスマイに入れ込むのも早すぎるとも思うから。
あんなメッセージを英語で全くの他人に言わせなくても、
こういう楽曲をキスマイ君たちが心を込めて歌ってくれるだけで十分なのに。
この曲のあとに先頭に戻るんだけど(アルバムリピート設定してるから)
あそこに戻るたび、気持ちがガクッと落ちるのです。ほんとに。(;^ω^)
私の受け止め方に問題があるのかもしれないけど。英語だしね。ボソ

あともひとつ、
「君のママとパパと、そのママとパパがいたから・・・」
っての、もっと他の表現方法はなかったんだろうか?
あの歌詞でこの楽曲の対象が一気に限定されるかのようだし、
キスマイ君たちを立派な大人として見ている私としては、
ママパパという言葉にとてもとても違和感を感じるわけで・・・
歌詞としてはどういう人が誰に向かって言ってる設定なんでしょうか??(;^ω^)
(子供に向かって言ってるん?)

最後の締めの楽曲でいいこと言えなくてスミマセン。
Perfect WorldからKiss & Peaceまでのアルバムの終わりに向かう流れは完璧だと思います。
ほんとにいいアルバム構成だなって思うんです。
だからこそあれやこれやがほんと残念。はぁ。
だけどこんな風に私が不満に思った部分を一瞬でかき消してしまうほどの素晴らしいライブ・ステージを
キスマイ君たちに期待してますので!!!ほんとに!!!!







ということで、どうにかこのシリーズを書き終えました~。
今回初の試みユニット曲は、色んな形があって面白かったです。
コンビの組み合わせはそのままで、楽曲のシャッフルで聴いてみたいな~。
どんだけ雰囲気変わるのか、よくなるのか、オリジナルが一番と思うのか。
この希望が叶うことはないと思うんだけど、気持ちだけは書いておこう。

d0130296_07270356.jpg
KISS & LOVE♡




今のところ特典CDを聴く時間がありません。笑


by nypoliko | 2015-08-04 08:16 | アメリカで北担☆

KIS-MY-WORLD:CD感想一気書き特別篇:証のみ

KIS-MY-WORLD:CD感想一気書き:中篇の続きです。



11、証
北山君ソロ曲がなくて変わりに曲。
そりゃソロ曲がないのは寂しいけど、前もちらっと書いた通りこのアルバムが出た頃は
北山君のソロ曲、たぶんラブソングになるであろう、
北山君のリアルラブライフが必ず歌詞に出てきてしまうであろうソロ曲は、
とてもとても聴ける心境じゃなかったので、今回に限ってはソロ曲がなくて私はよかったです。
こういう心境はずっと続くものじゃないと信じて・・・・
来年のアルバムでは北山君のソロ曲がちゃんと入って幸せに聴けるといいな♡

と、ちょっと脱線状態でこの楽曲の話に入ってしまいましたが、
藤北の証!!!!きゃあきゃあきゃあ♡
試聴でちらっと聴かせてもらった瞬間からこれはいける!!!
って印象でした。皆さんもそうですよね、ね、ね、ね♡
もう藤北の声の組み合わせが毎度最強で、ずこーんと心に来た・・・ (T-T)
あんな短いフレーズ部分だけでも最強なのが伝わってきて、
全部聴くのが楽しみで楽しみでたまらなかったんだけど、
すぐ気になったのが藤北が全部作詞作曲したのか少しだけ関わったのかどうかってとこ。
彼らの作品かどうかで深読みするかしないかってこちらの体制も変わってくるので・・・笑
で、後にわかったのが楽曲丸ごと提供してもらったものってことではありましたが、
特典映像にあったドキュメンタリーとデモテープ部分を耳にしてものすごい衝撃を受けました。
確かに楽曲は提供されたものだけど、
北山君と藤ヶ谷君で彼らの証の世界を作り上げたものだったんだって。うるっ
デモテープはデモだからラフな作りで当たり前なんだけど、
そこから藤北二人の歌声であそこまで彼らの世界を作って、
彼らの「証」に生まれ変えてることに感動すら覚えました。
北山君たちやっぱりすごいよ~~。
あの二人じゃなきゃあんな素敵なものにならないと思う! (T-T)


また また 君が笑ってくれるなら
このすべて賭けて この声で伝えるよ

そう いつだって 君が笑ってる
それだけでいい


ここ、サビのフレーズの一部なんですけど、
笑顔が見れるためならなんだってする
彼女の笑顔さえあれば、それだけでいい・・・
みたいな感情、よくあるフレーズって言えばそうで、
そんな天使的感情が本当に存在するのかな~って実はいつも思うのです。
笑ってくれるだけでいいんだ?
そう思ってしまうのは、そんな風に想われた経験がないせいかもだし、
自分もそんな天使になったことがないからかもしれない。
私は誰かを好きになってもいつも利己的感情が含まれてるように思うから。
真っ直ぐ純粋に愛されたことがない人はそういう愛し方がどんなものかわからないしできない。
みたいなものでしょうか。ガーン
だからかもしれないけど、この部分はちょっと苦手かな。ボソ
笑顔っていうと北山君の大事なフレーズでもあるんだけど。。。
微妙な表現の違いで受け取る印象も変わります。同じ笑顔絡みでも。

でも最後のサビ、


ずっと ずっと 育んできた この絆で
「君を守っていく」それがすべて

そう いつだって 君と守っていく
僕らの日々


大好き・・・。一方的じゃなくて共にってのがいいのです。
「僕らの日々」が「北山君と私の日々」だったらいいのに。
この部分でめちゃ妄想できる。笑


あと、ドキュメンタリーを見ると北山君が歌そのもの以上のことを考え考え考えてる。
ってのが感じられてその姿勢がとてもうれしかったです。
この曲は北山君にとっての分岐点でもあり出発点でもあり、
キスマイにも大きく影響を与える曲になるって勢いなんですよね。
やっぱり北山君って大きな物を背負ってる人だ。
ライブで北山君の中にあるものをどんな風に見せてくれるかすっごい期待してます♡




d0130296_10112777.jpg
d0130296_08122450.jpg
こうやって北山君とテーブルを挟んで会話してみたい♡
同棲してる感覚で自宅テーブルがいい♡
そして更なる妄想中・・・・( ̄▽ ̄)


by nypoliko | 2015-08-02 09:51 | アメリカで北担☆

KIS-MY-WORLD:CD感想一気書き:中篇

KIS-MY-WORLD:CD感想一気書き:前篇の続きです。


08、わんダフォー
藤ヶ谷君横尾さんコンビの曲。
これはペットを飼っている人にはかなりグッとくるんじゃないでしょうか。
私んちにはワンコじゃなくてニャンコがいるんですけど、
こういうペット君たちの心を表したものって・・・・


すっごい泣けるんです。ううっ
ほんと号泣レベルで。
試聴の段階ではキスマイにこんなんいるか?って感じたんだけど(;^ω^)
ぜーんぶ通して聴いてると、そしてワンコを愛する二人がこれを歌ってると尚更、
号泣並みに泣けてきて・・・・わんわんって。うるっ
担当関係なくペットを持つキスマイファンに(は)愛される曲。
かもしれません。(いや、こんな反応は私だけかもしれないんで)(;^ω^)

なんだかこれをライブで聴くのが不安です。。。
ニャンコと離れ離れの時にこれを聞いたら泣いてしまうかもーーー。やべー!
(藤谷君か横尾さんのファンって思われる)笑



09、BE LOVE
玉ちゃん宮っちコンビの曲。
自然と体がウキウキ動く感じの曲ですね~。
ただ、数年前までのアルバムにあった玉ちゃんと舞祭組君たち5人で歌ってた楽曲っぽい。
いや、ほぼそれっぽいと言えるかも。
あまりじっくり聞いたことないから間違ってるかもだけど。ボソ
だから期待していたほど新しい感じがしなくてその点ちょっと残念でした。。。
(DVD特典映像の彼らはめちゃ楽しかったけどね!笑)
でもライブでは楽しく聴けそうです♪



10、Double Up
千ちゃんニカちゃんコンビの曲。
ひえええええええーーーーーー!!!!
ニカちゃん、超かっこいいんですけど?!Σヽ(゚Д゚○)ノ
最初遠くの方から聞こえるニカちゃんのラップが
次のフレーズではすぐそこにいる音量になって、
ひえええええええーーーーーー!!!!
ニカちゃんがかっこよすぎてくらくらですよぅ。Σヽ(゚Д゚○)ノ
これは今回の企画でやって正解の楽曲かつ期待以上の作品でした。
ニカちゃんの歌声は前からお気に入りだったこともあって、
これまで以上に聴くことができるとコンビ作品を楽しみにしてたのですけども、
そしたらこれで・・・・。ひえええええーーーー!!!Σヽ(゚Д゚○)ノ
これもアルバムの中でリピ率高い楽曲です。
でもこの二人だけの歌声だとキスマイっぽくないんだねー?


後篇に続く。(ぜーぜー)
一休み。次は力の入る楽曲だかんね!ふんがー
d0130296_20421894.jpg


by nypoliko | 2015-07-26 19:45 | アメリカで北担☆

KIS-MY-WORLD:CD感想一気書き:前篇

ニューアルバムが遅れて自分の手元に届いて早1週間です。
毎日通勤中に聴くのが主で、この1週間聴き続けて感じたことを一気書き☆
音以外の関連情報が加わったり、
他人の意見に多少なりとも左右されることもある(あった)かもしれないけど、
とりあえず今んとこ持っている私の感想を一気書きです。
(これほんと大変なのですよ。見た目の文章量と内容の薄さの割りに・・・)笑
d0130296_20421894.jpg

01、”4th”Overture
ニューアルバムCMや視聴で前もって聞いていた音。
その時は言葉のメッセージはなかったのでそれがあったことに後にびっくり。
そしてその言葉の内容にも。なんでって、、、、
ほんとにそういうことを考えて作られたアルバムなの?ってね。
直接関連する音楽は最後のKISS&PEACEのみっぽいし、
特典DVDにもそれっぽい映像なんてないし(ないよね?A盤以外にはあるの?)、
ああいうメッセージをぶち込むのであれば、
そしてあんなにあちゃこちゃ特典映像を加えるんであれば、
一つでもOvertureが感じられる特典映像があってもよかったんじゃ?
じゃないとメッセージがあまりにも取ってつけたみたいだし、
キスマイ君たちの言葉にも聞こえないです。。。
あと、あのメッセージ部分、音の感じが動画を見ていて突然やってくる要らぬCMみたい。
自分のいる環境(アメリカ在住)のせいだろうか。(^▽^;)
でもライブではアルバムで出せなかったこの足りない部分をぐっと入れてくれると期待しています。


02、Brand New World
きゃあきゃあきゃあ♡
静か目に音が流れて、北山君のフレーズがふわっと入ってきたあと、ぐわっと一気に上昇する感じ。
これはオープニングに使われたらめちゃ盛り上がる!絶対盛り上がる!目に浮かぶよう!きゃー!
これは絶対最初に来てほしい!
前回のライブではアルバム発売からすぐにライブだったせいで(ですよね)、
ずっと歌っているデビュー曲を冒頭に入れ込んでてたけど、今回はこれだよね。
うわーん!キスマイライブっぽい!!!
とにかくBrand New Worldは北山君の声がよく聞こえる楽曲で北担には大満足の1点でございます。
特にここね・・・

I wanna hear you say Yeah!
I wanna hear you say Yeah!

最後のYeah~!って言い方がもうもうもう横に並ぶものはいないってなくらいに超カッコイイのです。
北山君すごい!!!ほんとこの部分だけで鼻血出そう。 ( ̄ii ̄*) いや、もう出てるよ。
そこだけたくさんたくさんリピしたい。ひゃ~!


03、Kiss魂
これはもうシングル曲として聴いてるのと、最新シングル曲ってことで気持ちもまだ新鮮なので
新たな感想は特にないかなってことで端折ります。
以前に書いた感想はコチラ・・・
ってしようと思ったら!特に感想を書いてないじゃないか!笑
カップリングと通常盤のPast and Futureはあったけど、メインのKiss魂のことは書いてない。
あちゃ。でもすっごいあれやこれやと書いてきた感覚があるんだけど。なんでだぁ~。


04、Another Future
これは私が北山君堕ちして最初に発売されたシングルCDなんですけど、
アルバムの中でこの順番で聴くとちょっと違った作品に感じます。
カッコイイキスマイ曲だったんだな~って改めて思っちゃいました。
こう言うと他のメンバーに失礼だけど、
北山くんが前に出てこない音はキスマイの音楽として物足りないんですよ・・・
だけど今回の聴こえ方はちょっと違う感じ。
アルバムは挿入の順番も大事だしね。Kiss魂の後がよかったのかしらん。
昨年書いた感想記事がありますのでそちら参照ください。
Another Futureの感想 ←別窓で開きます。


05、FOLLOW
シングルCDとして「Another Future」を相当聴いていた発売当時で、
そのCDの順番では次に来るのがより好きだったカップリング曲「Perfect World」。
だからアルバムでも「Another Future」を聴いたら「Perfect World」が来る感覚があって、
アルバム新曲「FOLLOW」が始まると「おや?」となってしまいます。
もっと聞き込めばそういうの無くなるかな?
それにしても「FOLLOW」はカッコイイ!!!!(叫)
毎回アルバムにあるクール系担当の楽曲ですね。
たとえばジャーニーのStriker, グッド のBlack & White、ファーストのTake Overの中で考えると、
Take Overを彷彿させるかな~。いや、Black & Whiteっぽいか?Striker度は低い気がします。
そんでどういうわけか、この曲はひたすら千ちゃんの姿が思い浮かぶんです。
ダンスを担当してくれるんじゃないかという期待からかも。
千ちゃんはこういうかっこい系の曲でダンスをガンガンやってくれそうだしね~♪


06、君に会えるから
夏のライブで冬の歌が来るか~!
これは冬に生で聴かせてもらいたいですね。もしかしたら冬にもライブをするのかもだけど。
これも以前書いた感想があるのでそちら参照ください。手抜きか!)
君に会えるからの感想 ←別窓で開きます。


07、if
こここここれは・・・・
泣ける。涙
あまりにも素敵な曲でいきなり泣けましたよぅ。
まずピアノの音で作られる冒頭の雰囲気で一気に来ました。うるっ
必然的にこのアルバムの中であえて選んで聴きまくることの多い曲の一つです。
それにね、この曲は北山君のお気に入り曲のはずなんですよ。
女の子はみんなキュンキュンくるんじゃないかって北山君が以前言ってて、
ほんとにそうだし、北山君の言葉らしい歌詞にも聞こえます。
北山君は大好きな人のことをこう想ってこんな風に愛するんじゃないかなって。
だから北山君を感じられて切ないような、寂しいような・・・・(←他の女性のことをなわけだから)

北山君と藤ヶ谷君の掛け合い系が多い中、
特に大サビのここ・・・
その声を 横顔を 今抱きしめられたなら
「愛してる」言葉より強く 君を抱きしめたい
キュンキュンくる・・・涙
北山君の声がねっとり甘くて、そのあと藤ヶ谷君のクール系声で続くこのフレーズ最強です。

ところでこれ玉ちゃん映画の主題歌に使えるんじゃないですか?
映画の宣伝映像と合わせてる動画もあったんですよ。ボソ
映画の印象とこの楽曲があまりにもぴったりきて、
玉ちゃんメインで歌われてない楽曲かもしれないけど、それでもいいじゃん!
玉ちゃんのセリフ入りなんだし!この曲をあの映画に使って欲しいです!
(原作を知らないんでほんとにこの歌詞と合うかどうかは知りません。念のため。)


中編に続く・・・・







by nypoliko | 2015-07-25 22:27 | アメリカで北担☆