人気ブログランキング |

にゃんこと暮らす・アメリカ・アパート

nypoliko.exblog.jp
ブログトップ

タグ:MUSIC COLOSSEUM ( 35 ) タグの人気記事

ライブ締め In 横浜 

週末を使って一気に書けたライブ感想記事!
すごい勢いでの更新でした~。笑
家のことをやりながら合間にねちねち書いてたんですよ。
ひっさびさに料理もしたしな~。
先週アメリカに帰ってきてすぐに仕事に戻ったけれど、
明日の週明けからが本格的仕事復帰の気分です。
あぁ、また来年のライブまで1年頑張らねば・・・。


さて、横アリ最終日終了後、
昨年度もご一緒したお二方(玉担・ガヤ担)と合流し、
合計5人でお疲れさまご飯をしました☆
d0130296_10422172.jpg
一気にファンがなだれ込んだ新横浜駅界隈。
ゆっくり座って飲む場所がなかなか見つからなかったんですが、
一番最初にWaiting listに入れた場所へと戻り、
あっさりと着席、ビールと美味しいイタリアンをいただきました。うまうま~
日本に一時帰国してからついつい和食が多めになっていた自分の食生活だったので、
ライブ後この手のご飯が超美味かった!
(ちょっと入りかけた店のかつ丼でもよかったけどね)(^_-)-☆

この時に話していたことを思い返してみると、
やっぱり自分にとっての横アリは、
北山君のあっつい姿をこの目で見れたことが全てだったかな~。
幾つかあったライブリポを見てみれば、
あれもよかった、これもよかった、そうそう、そんなだったね♡
となる部分もちゃんとあるんだけど、
それらについては映像化されてからのお楽しみにしておきます。

消化不良のような物足りなさが残るライブだったけど、
やっぱり映像化は楽しみ!
ライブから帰ってきてこんなにブログに書いたのは初めてだと思うんですよ。
そんくらいしっかり参戦できたってことでもあるのかも。
やっぱりアリーナ会場ってステージに近いんだな~。
よく見れたものが多かったから色々感じることも多かったんだろうし。
自分自身、たった1回参戦だったことで、
しっかり見てやる!という意気込みにも溢れていたんだと思います。

ただどういう映像企画が練られているのか気になるところだけど・・・
VRが特典になるってのはわかっているけど、
噂と世間の期待通り東京ドームをやって、それをメインにして、
アリーナツアー本編までをオマケ程度のもろ特典映像扱いにされないことを願います。
(かと言って前面に押し出せる内容ではなかったとも思うけれど・・)
(たぶん映像でも柱が邪魔だと思う)
d0130296_10472826.jpg
多参に興味が薄れた今年だったけど、
これって実際参戦してガッカリしたからとかじゃないんですよ。
ライブ遠征が決まってから既にそうなっていた私です。
(過去ログを見れば多分そういうの出てる)
2回入れたらいいな~と思ったことがなかったわけじゃないけど、
行動に移すことはなかったからね。
舞台あんちゃんも同じく、
何度も入りたいという強いヲタ執念と必死さが全くなかったと思う。
キスマイライブ海外遠征3年目にしてもう落ち着いちゃったか。笑
でも私は息の長いファンなので!これ絶対!
こんな感じでゆるーく応援していきます!


d0130296_10431440.jpg

バイバイ、横アリ~( ´Д`)ノ~バイバイ
なんやかんやでいい思い出!
次は東京ロケ地巡りだぜ!!!!


by nypoliko | 2017-08-21 11:21 | アメリカで北担☆

いざ、横アリファイナル参戦!その7:まとめ

これまでのライブ感想記事を読み返すととても恐ろしい記録になってます。
なーんんて、そうでもないかな?笑
あれやこれや真っ当な意見のごとく文句を書いてきたけど、
どれもこれも本当のところは所詮どうでもいいことばかりで、
もし自分が神席にいられて、
めちゃくちゃ幸せなファンサでももらったりしてたら、
きっとどれもこれも一切気にならない事柄だったと思うんですよ。
個人的にいい思いさえしていれば、
北山君と玉ちゃんがかくれんんぼでスタンド席ファンのために登ってあげずアリーナにとどまろうが、
トラジャの無駄遣いをしようが、
はたまたソロ曲がなくてメリハリのないセトリになってようが、
茶番劇にライブ時間を費やされようが、
外周がなくてローラーの疾走感もあじわえなかろうが(←これはまだ書いてなかった)
どれもこれも気にならない部分だというのはしっかり想像できます。

ライブの完成度、クオリティ、目に見えるやる気なんてことより、
どんだけ好きな人が近くに来て(たとえ10秒でも)
個人的いい思いをするかどうかだけにかかってるのかなー。
でもそうとなったら、
ライブ内容なんてどうでもいいってことになる?
ジャニーズのライブってそういうもんなのか。。。
自分もそれに片足突っ込んでいるものの、
未だ違和感感じます。色々と。

でもま、今回のツアーに関しては、
1回きりの参戦で正解だったと思ってます。
多参すればもしかしたら一度くらいいい思いをしたかも?
いや結局はいつ入っても一緒だったかも?
なんて考えても無駄なんだけど、
散々なことを言いつつも、
今回の1度きりの参戦をこれでもすっごく貴重に思ってるんですよ---。
1度きりだったからこそ、
大事に大事にライブ本番を観ることができた気がするし。
明日もあるから、明後日もあるから、他の日もあるからってなると、
ちょっと緩い気持ちで眺める感じになると思うんです、私の場合。
(ライブをしている彼らもそんな感じなのかもなぁ)←本気でそう思ってる
それに今回のようなタイプのライブは1回で十分です。
たとえ何度も入っても逆に虚しくなりそうだもん。(失礼)
今後もそういう方向性になると思います。
もちろん完成版ハイクオリティのライブを1度ガツンと見せてもらえるのが希望!
参戦数を増やすだけでは決して満足させてもらえないってのはなんとなくわかってきたので、、、
多参する価値を見出せなくなってるのかな。
参戦は1回だけってのが私には合ってると思います。
(一度は見たいのよ♡)
d0130296_17323877.jpg
↑コチラ、ライブ翌朝の横アリ☆
ライブ当日はシャワーみたいなのがあってアリーナの文字が見えてなかったの~。
それで翌朝写真の撮り直しにわざわざ出向きました。
横アリに来た記念のいい写真が撮れてよかった♡
きっともう二度と来ないだろうな~~。(アメリカ在住だけに)

(やっと)終わり

ちなみにライブ経験がこんなでも、
北担を辞めることは一切ないですよ。(*´ω`)
しつこく好き。


by nypoliko | 2017-08-21 04:16 | アメリカで北担☆

いざ、横アリファイナル参戦!その5

続きです・・・

突然ですが、今回のライブツアー、
総括すると、私にはライブじゃなかったです。ボソ
アルバムを引っ提げてのアリーナ・ツアーなんかじゃなくて、
アルバムを大雑把に紹介するためのイベントみたいに思えました・・・。
しかもただでさえ短いライブ時間に30分くらいキスマイの歌ナシ余興が組み込まれてなかった?
(かくれんぼとか・・・・正直中盤一気に眠気に襲われたよ?!)
あれほんとにライブだったっけ?←言い方

それにね、
当初ソロ曲がないってことで一部不満の声も上がっていたと思うんですが、
私はその点特に全然気にならなかったんですよ。
ドームツアーとは違うし、
また違った雰囲気でやるためにも、
ソロ曲が省かれるのもありなのかなって、
それなりに前向きに思っていました。

でもな~、
いざこの2時間ほどのライブ、基、キスマイ・真夏イベントを見てみて(←言い方)
ソロ曲がないことがこんなにもメリハリが無く感じるものかと・・・
ソロ曲ってバックに付くジュニアの活躍場でもありますしね。
トラジャの無駄使いと言われていた件についても、
もし少しでも彼らジュニアのためを思っての起用だったのなら、
ただただ2曲歌わせるだけじゃなく、
あちゃこちゃバックに付けて
(超狭い円系ステージで無理そうだったけどね!)、
顔をそれなりに映りこませるほうが絶対覚えられやすいし、
もしくは歌の披露はたったの1曲にして、
2曲目に使われた時間はきちんと一人ひとりの顔と名前を紹介したほうがずっとよかったんじゃないかと思います。
なんせだだっと単に2曲歌われても顔も名前も一切わかんないし、
あれじゃただの余興・前座パフォーマンス止まりじゃない?
(トラジャファンには2曲も披露されて喜ばしい機会だったのかもだけど・・・)
そんなだからほったらかしで2曲歌わせたのはその時間休みたかったからだよね。
って思われてもしょうがないとも思います。
あの時間キスマイが何してたのかよくわかんないけど・・・
(DVD映像で見えてくるかな?)
なんだかほんとに誰のことも何にも思ってくれてない感じがする・・・・
構成考えたの誰ですか?(北山君か?)

360度ステージもふっとい柱で場所を取っていたこともあって尚更7人いるだけでも狭苦しい感じだったし、
それでトラジャ君たちを置くって無理がある。
だからせっかく踊れる彼らを上手く使えなかったんだろうしね。
(使うって言い方はよくないけども)

なんか違うよーーーーーー!!!!

っていうことが多すぎた今回のツアー。
基、キスマイ・真夏イベントだ。(←ちょっと怒ってる)


続く・・・・



by nypoliko | 2017-08-20 22:50 | アメリカで北担☆

いざ、横アリファイナル参戦!その3

昼公演終了後に某ミツ担さんと再び会うまで約3時間半ほど。かな?
中1のお嬢さんと二人きりで過ごしたこの時間は大変貴重でございました。
なんせこういうのは初めてのことだったからなんか楽しかったよ~~☆
(組み合わせに違和感あるかもで誘拐犯と思われたらどうしようという心配も無きにしも非ずだったけど)笑

遥か昔福岡に住んでいて同じく自分が中1だったころ、
友達のお姉さんに(当時19歳)←今も覚えてる天神に連れて行ってもらい、
なぜかTバックのおパンツを買ってもらったことがありました。
(私的お初御パンティ)
そのお姉さんはすごーく綺麗で大人で、
今の19歳の子らとは多分全然違う感じだったなぁ。
(昔の人ってみんな大人っぽいからね)
彼女は確かモデルをやっていたはずで、
白くて細くてとにかく魅惑的なお姉さん。、
ほんっと大人っぽかった。(つくづく)

話が逸れました。。。

えーっと、
必要なライブグッズを購入したあとはどこかでゆっくりしたいし、
ご飯も食べておいた方がよさそうだと、
どこに入ろうかね~~とちょっとだけウロウロして見つけたのがこのお店↓
(店名不明)
d0130296_08410880.jpg
ご飯やさんというよりカフェ寄りのお店だったんですが、
他のお店よりかなり空いている雰囲気だったので迷わず入店!
二人同じ生ハムなんちゃらを頼んで食べました♡
これが見た目の割りに結構お腹が膨れる代物でして、
身体の小さな娘ちゃんには多すぎるのかな?と思い、
「気にせず残してもいいからねぇ。」
と声をかけたのですが、
実はこんなの全然大丈夫だったみたいで。笑
育ち盛りの年代だもんね~。
子育てしたことなくてわかんなかったけど、
確かに自分が中学生のころはめちゃ食べてたわ!
学校の後、夕飯前に残り物のどんぶり飯とか普通にぺろりだったしな。
(自分ほんとすごい食欲だったよ)(;^ω^)

で、ランチを済ませたあと、
時間つぶしにウィンドウショッピングへ・・・
お化粧品見たり、
100円ショップに行ったり、
あとはMUJIでも買い物したなぁ。
(お嬢さんを買い物に付き合わせてスンマセン)(;^ω^)

そしてそのあとは某ミツ担さんたちと待ち合わせにいいだろうと思われた、
自分の宿泊先ホテルのカフェに居座ろうと決めたんですが、
ま~~~ここでのコーヒーが高いのなんのって。笑
お得そうなアフタヌーンティーセットがあったけど、
ランチを食べたあとでそんなに食べれる状態じゃなかったので、
ケーキと飲み物を頼んだんですけど、
今思うとここでランチとデザートをまとめて食せばよかったかも~~!!!
めちゃめちゃおいしそうだったし~~!!!(種類がたくさんって魅力的)
ちくしょう。計画性なしのおバカさんでした。。。
(ライブ待ちと思われる方々が続々と入ってきてアフタヌーンティーをしていた模様)
d0130296_11410469.jpg
d0130296_08420387.jpg
続く・・・・
(なかなかライブの話にならない)




by nypoliko | 2017-08-20 11:58 | アメリカで北担☆

いざ、横アリファイナル参戦!その1

MUSIC COLOSSEUMライブツアー、
横アリ最終日夜の部に参戦してきました♡
私は関東の人じゃないこともあって、
自力で横アリチケットを取ることはできなかったんですが、
幸い1枚譲ってもらえて無事ライブを観てくることが出来ました。

数ある地方公演の中、なぜに競争率激高であるはずの、
自分の地元でもない横アリをそもそも選んだかと言いますと・・・
やっぱりキスマイのホーム的横アリに一番力を入れるんだろうなと偏見を持っていたから。ボソ
もしライブを観るのなら目下調整中の未完成ライブより、
断然完成版が見たいですもん。
全力でやってくれるライブが見たいですもん。
未完成版を見て美味しいなんてこれっぽっちも思わんからね?
(美味しいなんて多参パターンのありがち無神経意見だと思う↑)

他のアーティストも同じようなものなのかどうかは知りませんが、
キスマイライブで初めて経験した、
未完成ライブからツアー終盤にかけて完成させていくというスタイルには未だ違和感があって、
たとえそんなつもりはないと言われても事実そういう状態だから、
その点どうにかしてほしい!
援護系コメントによくある、ライブは生だから生き物だから。
っていう言い訳で通るレベルの公演ごとにある「差」じゃないと思うんですよね~。(チクチク)

私としてはセトリに変更があるくらいは別に気にならないんですよ。
何が気になるかってやっぱりやる気の部分。
力の入れ具合だよね・・・
今回の横アリ夜の部は自分の目論見に反してビデオ撮り公演ではなく、
そして同じ日の2公演目ということも重なって、
これまた偏見ですけど、何気に力抜かれてたのかなぁ・・・・
という印象です。
他の公演を見たわけじゃないから、
全く持って勝手な偏見でしかないんですけど、
玉ちゃんも疲れが出るころだって言ってたしさ。(言ってたよねぇ?)
玉ちゃんの言うことはいつもはちゃめちゃでもどれも面白くて全て受け止められるけど、
こればっかりはいただけなかった。(たぶん初)
ライブで手を抜いてほしくないのよ!
たとえ疲れててもそれを口に出してほしくなかったです。
そんなこと言うから尚更、
あ~、しんどいからだらけてるんだ・・・
って思ってしまうやん?
でもって12日にビデオ撮りがあったって知ってからの参戦だったから、
こりゃ絶対気抜かれるな・・・って思い込んでの参戦でした。。。

d0130296_08423509.jpg
続く・・・・

by nypoliko | 2017-08-20 09:16 | アメリカで北担☆

MUSIC COLOSSEUM 〜アルバム感想〜:その6:最後

祝☆広島公演☆

ピキラ旋風通過中ですが、
広島公演週末だから久々にアルバムを聞いて、
このシリーズ記事も完了させようと思います。
(と書き始めると結局終われないパターンになる気がしないでもないが)


⒖ Bang! Bang! BURN!
作詞:胡月みなと/ma-saya/山田竜平/内野歩 作曲:山田竜平/内野歩 編曲:木下慶行

北山君がプロデュースしたんではないかとより多くの方に予想されていたこの作品ですが、
わからんでもないけど、
できたらそうであってほしくない感じが無きにしも非ず。
なんでかっていうとそれだといかにもすぎてつまらんから~。笑
作詞家の方はLast Loverを作詞したお方。
かつて自分が歌詞にど嵌りしたあの曲の人。ひゃー
あっつーい感じがお得意なのかな。(だから北山君っぽいのか)

♪どこにいても君を見つけ出す♪

これ好きな人(つまりは北山君)に言われたらめちゃ幸せすぎる!
(好きでもない人に言われたらストーカーに様変わり)こわっ
間奏エレキギターの感じが北山昭和ってよりも90年代初期っぽいかな~。
90年代初期はまだ昭和の空気感みたいなものを引きづってるから昭和みたいなところありますけどね。
(だから北山君なのか?)


16. r.a.c.e
作詞:AKIRA 作曲:STEVENLEE/Drew Ryan Scott/ Andres Stone Johansson /Tomas Cederholm 編曲:吉岡たく

アルバムの中でこの曲が一番好きかもしれない!
(北山君のソロ曲は別枠)
楽曲そのものはもちろん歌割りが絶妙!!!
いつもの藤北玉メインとは違うんだけど、
その違うことに違和感を感じるのではなくて、
みんなが平等に歌ってるからってあわただしく感じることもなく、
むしろどんぴしゃり感を与えられるんですよ。
7人もいるのにこんなに上手くこの歌割りを決めた人天才だと思う!(←出た)
単に仲良く横並びじゃなくて、みんなが素敵に主役になってる気がする。
試聴の時はニカちゃんのニカちゃんスパイスが最高すぎてトロトロだったし、
全体を聞いてみたら今度はみやっちがすごく印象的でねーーーー!!!!
こちらもトロトロしちゃうよ~~💛💛💛
みやっちとニカちゃんの使い方最高だと思う!!!!

余談:出だしがこれまたOvertureみたいに感じちゃって、
アルバムを聴き始めのころは一瞬「最初に戻った?」
って思ったりしたことが多々ありました。(^^ゞ


17.Tonight
作詞・編曲:JUN/久保田真悟(Jazzin'park)/Tasuku Maeda 作曲:Tommy Clint/Fredrik"Figge" Bostrom

これの感想は・・・
この夏アメリカにINTERを持ち帰ってから書こうかな~と思います。
運悪くほんの一時的に輸出規制がかかった時期に発売されたINTER・・・
それでも欲しかったから日本の実家宛てに注文したまま未だ実家で待機してます。
一応一度は送ってもらうことになってたけど、
結局まだ送られないまま、つい最近電話で話す機会があったので
(北山君の舞台チケットが届いたからそれの連絡が入った!)
あと2か月ほどで帰るからもう送らないでいいと伝えました~
(送料もったいないしね?キスマイ不足中でもないしさ♪)


18.Dream on
作詞・作曲:竹内雄彦 編曲:千葉純次/竹内雄彦

あ~・・・・
この曲もこのアルバムで一番好きって思ってしまうーーー!!!
北山君が一緒に歌ってって言ってたしな♡
どの公演だったか覚えてないけど(最近の札幌か?)
ファンの子たちの声をイヤモニ外して目を閉じて聴いてたって見てね・・・

( ;∀;)どばー

そういう北山君が好き!

僕ら 互いに求め合う Each one believer

ここの北山君パートが好きすぎて。

北山君がこれをプロデュースしていたら嬉しい。
これがそうなんじゃないかっていうんじゃなくて、
そうだったらいいなという希望。


d0130296_08525728.jpg



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~‘



以上がアルバムの感想でした~。
今回はライブ参戦日が遠すぎて待たされすぎでちょっと調子が狂っちゃう。
各地ライブレポも最初は毎週末楽しいのかなーって思ってたけど、
うーん、そうでもないか?笑
(食傷気味にならなくもない)←バカ正直

やっぱり公演や席位置に恵まれた人とそうでない人の感想の差が激しくて、
ライブとしての良し悪しや出来とかなんかよくわかんないです。
果たして自分が参戦してどちら側になるのか・・・
ほんと席運だよねー
そういうものに大きく左右されるライブってどうかとも思うけど。
アイドルのライブってそういうもんなのかなー。
音楽を聴きに行くのではなく、顔を観に行くんだもんね。
キスマイファンになってから4年目にしてまたしみじみ。



by nypoliko | 2017-06-11 06:42 | アメリカで北担☆

MUSIC COLOSSEUM 〜アルバム感想〜:その5

シングル発売が数日後にまで迫ってきた!
週末しか感想記事は書けそうもないので(結構しんどいのよ?)
今週末でどうにか完結させてしまいたい~!
(ま、別に来週末にも書いてもいいんだけど)

というわけで、続きです。


11. Baby Love
作詞:Kanata Okajima 作曲:GRP/イワツボコーダイ 編曲:鈴木雅也

試聴の時はよくあるこてこてアイドル風の曲かと思ったし、
なんちゅーか、
失礼な言い方をすれば、
ライブWorldの時にやたら感じた延々と続くライブ中だるみにありそうな楽曲と思っていたのが、
ちょっと違ってました!
最初の曲調がしっぽり色っぽくカッコイイ!

で、作詞家の方のことをサーチしてみたら、
スウェーデンでご活躍されてる方だとか。
そんでもってスウェーデンは作詞作曲の輸出国だという情報にまでたどり着きました。
へ~~!!!!なるほど!!!!
(これまでたくさんスウェーデンの人の名まえが出てきてたの!)
そして作曲はキスマイ・カップリング曲でおなじみのイワツボコーダイさん。
でもこの曲はアリーナツアーではやらないみたいで。。。
冬ドームコンでやる予定なんですかね。ふーん。
ずる・・・ボソ←自分が行けないから


12.キスしちゃうぞ
作詞:ワタナベハジメ 作曲:山田竜平 編曲: h-wonder

作詞をされたワタナベさん、
キスマイの「僕らの約束」を書かれたお方でした。( ;∀;)ひーん
あれ好きだったわー。( ;∀;)ひーん
そう思うとこの楽曲はタイプが全然違いますよね~。

どんな夜にしようか💛 北山君♡

最後の最後の「キスしちゃうぞ」も北山君・・・なの?
千ちゃんと声が聴き分けられないことたまにあるんですよね。
千ちゃんっぽいけど、北山君なのかな。(微妙)

誰がプロデュースしたかっていうことで、
みやっちの名まえが結構上がってましたかね?
私はもう誰がどれをなんて全く考えられません。
これは確かにみやっちっぽいっちゃーそうなんだけど、
そうだっていう確信もなんか持てないし・・・
私にはこの手のクイズは向いてないみたい。
勝負事嫌いだしさ。
(負けたくないから最初から勝負をしない超へっぽこ)
(だから挑戦もしないし成長もしないし大きくもなれないんだな~)


13. Life is Beautiful ~ 大切なあなたへ~
作詞:藤ヶ谷太輔 作曲:SHIBU/YU-G 編曲:SHIBU Additional Arrangement:榊原大

試聴のときは藤ヶ谷君の歌が随分とへたっぴに聞こえるって思ってたんですが・・・(スマン)
全体を通して聴くとそんなことないこの摩訶不思議。(再び)
こういう楽曲はガヤ担さんに感想をお任せします。
担当さんにしか聞こえない・感じないねっとり部分が必ずあると思うんですよ。
そういうのって面白い!絶対!
以前玉ちゃんのソロ曲があったとき(玉:作詞作曲)、
担当さんには一体どう聞こえて感じるんだろうって気になってサーチしてみたことがあって、
そこでやっぱり深読みねっとり感想があって、
やーっぱみんなそうなんだな~って思ったことを思い出します。
ねっとりってミツ担だけに限ったことじゃないんですよね。
この曲を大絶賛しようが、感動して号泣しようが、
これは違うと思ってがっかりしようが、
担当さんが力説するとそれぞれねっとり!


⒕君のいる世界
作詞:イワツボコーダイ 作曲:GRP/イワツボコーダイ 編曲:GRP

カイロっぽい・・・・笑
コーワさんカイロのCMタイアップになる曲ってやっぱりあったかさがあるんですよね~。
条件反射的にぬくぬく当番が頭に浮かんじゃいます。
INTERに入っている楽曲だけに、
珍しく手元にCDのない私にはあまり聞き込めてないものでもあり、
結婚式のMVだってほとんど見てないし、
アルバムの新曲としても聴けないしで、
私の中で実は微妙な位置にあります・・・・
(一時の輸出規制め~)←恨み節
出だしは北山君だけど、落ちサビも北山君だけど、
なぜか北山君があんまり聞こえてこない印象で。
MVと一緒に見るとそうでもなさそうなんだけど。
音源だけだと北山君のいない世界に感じるな~。なんで?
自分の聴力落ちてんのか。

d0130296_08525728.jpg
なんだか地味な感想記事になってしまったど。
(個人的にあまりきゃー💛とならないエリア)


続く・・・



by nypoliko | 2017-06-04 06:14 | アメリカで北担☆

MUSIC COLOSSEUM 〜アルバム感想〜:その4

新曲がやってくる前にアルバムの感想を終えたい!
がんばります!(勝手に)
北山君の優しい雨ばっかりかけてしまうことが多いので、
他の曲まであまり聞けてないのだけど、
好みかどうかというのはもうほぼ判明したので今の段階でもするっと書けるような。
(薄っぺら感想ですけどね。所詮。)


では、続きです。


08. One Kiss
作詞: Ryohei Yamamoto 作曲:Greg Bonnick / Hayden Chapman / Adrian Mckinnon / 川口進 編曲: LDN Noise Piano Arrangement : LDN Noise / POCHI

試聴の自分の感想を見直してみたら(読み直すってほどではない)、
北山君のソロ曲以外ですぐに好き♡と思った曲みたい。
今回のアルバムでは「試聴と全体では全然違った。」となった楽曲が幾つかある中で、
これは試聴のときに感じた印象のままかな?
(どの部分を試聴に載せたかにもよりますよね)
作詞家さんは昨年度のFlamingoのお方だとか。
曲調もゆったりとした色気があって、
どうりでFlamingoで感じたように、
夏のライブハウスでしっとり聞きたいって思えたんだ~。
作曲と編曲担当のLDN NoiseはLondonのアーティストさんたちだって。ふむふむ
いつものキスマイよりちょっと背伸び系大人の恋のにおいがするわ~。むふ
めっちゃKissって言いまくってるけども。むふ
(ライブでどんな演出なんだろ?)

北山君の、

Don't go...
誘うようにして You come & Go...
揺れないで行かないでよ
水を得た魚のよう 幼気に僕をからかうよ

うわわわわ・・・・
ねっとり色っぽいー。好きー( ;∀;)好きー


今後何十年か先、現アイドルとしてキャーキャー言われなくなったとしても、
大人のキスマイ君たちでこの手の楽曲を引っ提げてライブハウスツアーしてほしいな。
お客さんたちの側になんてわざわざ行かなくていいんですよ。
(既に狭いスペースにいるんだしね!)
大喜利も身体を張ったおふざけもなし。
ファンサもなし。ウチワもなし。
みんなが同じ方向を向いて、しっかり向かい合って、
ただただゆったり歌と音楽を楽しむの。
はああああん楽しみ♡←既に勝手に
私自身息の長~いファンでいるから(ほんとだよ)
キスマイ君たちも頑張って!( ;∀;)


09. Sha la la ☆ Summer Time
作詞:KOMU 作曲:Samuel Waermo / Stefan Ekstedt / Didrik Thott 編曲:Stefan Ekstedt

も~~~~・・・・・
じいいいいいいいんっとくるよね~~~・・・・
昨年の夏のシャララの出来事は滅多になさそうな騒ぎだったし、
それ以降、よそのアーティストで二番、三番煎じ的なことがあったけど、
やっぱキスマイの追いシャラはとにかくパワフルで熱かった!!!
キスマイファンとして一生強く残る記憶です。
(人によって良くも悪くも)

その夏の終わりの胸熱イベント事を抜きにしても、
私この楽曲そのものがかなり好きなんですよ♡
聴けば聴くほど夏のキラキラ・スルメ曲💛
曲の感想はその昨年の夏の終わりに書いてるから今ここでは書きませんが・・・
KOMUさんはエタマイ書いた人だった~~。( ;∀;)
めっちゃ好きって思う作品ってやっぱ繋がってる。
(ちなみにエタマイの作曲はCHOKKAKUさん☆)
去年はこのCDが発売される前にライブで初見で???だったはずだから、
今回のライブではじっくりねっとりな楽しみ方ができるはず。
楽しむっていうか、じーーーーんっときそう。早く聴かせて!


10. Camellia
作詞:MiNE 作曲:Andreas Ohm / Henrik Smith / MiNE 編曲:Andreas Ohm / Henrik Smith / ha-ji

もうこれはあさみんが歌っているとしか思えません。笑
偶然にしろ繋がってるわーーー。
若い人たちを応援する感じ。すっごいする!
余談だけどこの前の頭ポンポンもーーーーー
頭ポンポンが嫌いなこの私の胸をぎぅうううううううっと掴んだあさみん!
ああいうのはいいのーーーー!!!!
あれこそ理想的頭ポンポンだよ。
これやっときゃキュンキュンするだろ?
じゃない心あるあったかい頭ポン・・(´;ω;`)ウッ…
やさしいなぁ・・・

めちゃ余談でした↑


玉ちゃんの声って淡泊で薄い感じだと思ってたけど、
結構太いんですね~~。
主張ヂカラがあると思う。
(藤ヶ谷君とのユニットのとき藤ヶ谷君の声を消しちゃったほどだもん)
自分は冬コン行けないって思ってるからなのかもしれないけど・・・
北山君のソロ曲同様、
玉ちゃんのソロ曲もライブで歌わないで欲しいかも・・・
このまま・・・
私が描いている玉ちゃん/あさみんのCamelliaのままそっとしておきたい・・・
(ライブでやるときっと違ってくるだろうから)

あ、そんないらんこと言うなって怒らないでね!
(世間はライブでソロ曲披露してほしいって鬼ほど思ってるのは百も承知)
私が願うことは基本叶わないから、
きっと冬コンがあってそこで歌うと思いますんで~(^^ゞ
d0130296_08525728.jpg
続く・・・・


by nypoliko | 2017-05-30 04:53 | アメリカで北担☆

MUSIC COLOSSEUM 〜アルバム感想〜:その3:優しい雨

続きです。


07. 優しい雨
作詞・作曲 HusiQ.K 編曲:山下和彰 Chorus Arrangement: Ko-saku

試聴だけで大盛り上がりだった北山君の「優しい雨」。
これが全部聞いてみてどう感じたか。
早速一つ言っちゃいます。爆弾発言。
自分にとって北山君の他のラブソング(FROMなど)にどうしても勝てない部分が一つありました。
それは・・・

優しい雨の女がどうも好きになれない。

歌詞にある、
「遅すぎるのって君は泣くから」
ってとこ。
はーー・・・・なんか・・・・・ちがーう😞
あの部分だけで女が嫌いな女のにおいがするよ~・・・・。
北山君って世界中の女を一瞬で狩ってしまうほどの爆モテの顔を持ちつつ、
うん、女きょうだいいないからね?
女性の本質わかってないよね?
女性に夢見がちだよね?
もしかして深い恋愛したことないんじゃ・・・?
っていうところあるじゃないですか。(←失礼)
そこがあの歌詞の部分に出てるな~って思っちゃったし、
追いかけてくる男の前でそんな風に泣く女は私は好きじゃない。キッパリ

FORMで描かれる彼女は好きだったんですよ。。。
なんかうまくいってなさそうで切なくて愛され具合が羨ましくて悔しいんだけど、
それでも二人に幸せになってほしいと思えたから。
でも優しい雨にはそう思える部分がどこか足りない。
北山君が失恋しちゃったからじゃなくて(歌の中で)、
ああいう場面でああ言って泣く女がどうもね・・・(←意地悪)
ドラマでヒロインの恋路を何気に邪魔する脇役元カノのにおいがする。(←ひどい)

まぁ、それでも結局どうしようもなく好きですけども。
なんやかんや言っても、
北山君の優しい雨は延々と聞いていられるんですよね。

最初は、

「あれ?案外普通・・・?」

って感じたのが正直なところ。
でも普通なんかじゃない。
ずーっと心地よく聞いていられる楽曲で、
あの鼻にかかった北山君の歌声・・・ふ~・・・パタっ(気絶)
聴けば聴くほど聞き惚れちゃう。
試聴の時も書いたことだけど、
北山君の言葉選びは言うまでもなくリアルで体温が感じられて、
北山君の恋愛観が走馬灯のようにビジュアル化されるほどで、
北山君がとんでもなく女々しくてもそれがまた愛おしい。
(↑これは予想以上でした)笑

「君が好きって 好きだよって言うから」

って懇願するかのような言葉たちがやっぱり気になるんですよ。
あの北山君だからこそきぅーんとくる。
正に「遅すぎるの・・・」ってシチュエーションだってすごく伝わってくるよね。
(でも女の涙はいらんのよ)
ただただこの曲の世界にグイッと引き込まれてしまって、
やっぱりどうにもこうにも「優しい雨」が好きだ。はー💛

私、ライブでは歌って欲しくないって思ってしまってる・・・
(今後あるかもしれない)冬コンにはどうせ行けないからじゃなくて、
なんか音源だけで十分な気がしてね~。
(自分が勝手に作り上げてしまった優しい雨のイメージをライブで壊される恐怖心がやっぱりあるんだな)
(北山君のこと信じられなくて( TДT)ゴメンヨー)
ライブでの披露より、
レコーディング風景や制作ドキュメンタリーを見てみたいです。
どんな表情で取り組んでたんだろう・・・(´;ω;`)ウッ…
(そんな密着映像はないだろうけど)
d0130296_01262596.jpg

優しい雨
LOVE💛HusiQ.K


by nypoliko | 2017-05-29 08:39 | アメリカで北担☆

MUSIC COLOSSEUM 〜アルバム感想〜:その2

続きです。

d0130296_08525728.jpg

04. いいね!
作詞:ケリー 作曲:Stephan Elfgren  編曲:石塚知生


ここここここれはっ!!!!!
ややややはばい!!!!!
いいね!がいいね!すぎるのーーーーー!!!(叫)
これ作った人ら天才ちゃいます???
ケリーさん、よくぞこんな歌詞をどっかーんとはめ込んでくださいました。
もー、めちゃ好き!!!!!
正にこの曲だけのためにライブ行くようなもん!
ほんとそう言えちゃうくらいドストライク!!!!
ニカちゃんのニカちゃんスパイスがもうね~~( ;∀;)最高か~!
歌詞カードにないニカちゃんと思われるこれ・・・・


いいね!いいね!いいね! へーい、うーはぁー!
あっ、いいね!いいね!いいね!

いいね!いいね!いいね! へーい、うーはーはぁー?!
あっ、いいね!いいね!いいね!

受ける~。笑
ノリノリだわ~~♡


そしてここ!!!!

Hey, Boys 調子どうだ!
バカになれよ たまにゃ いいから いいから
Hey, Girls 準備どうだ?
なんだ元気じゃねえかよ Ready Go!
Every Body 声出せ Left Side
Every Body 声出せ Right Side
まだまだいけるか?出し切れるか?
勝負だ!DJ ミュージック Come On! ←ここもひいいいい💛


うひゃ~~!!!!
カッコいいし楽しいし歌割り加減が最高でドストライク過ぎて泣けてくる。笑
北山君のパートなんてさーーーーー
なんだ元気じゃねえかよってさーーーーー
もうもう、
きゃあああああ!!!はまりすぎ!
(声合ってるよね?)
(一人で歌ってないような気もするけど)
(横尾さん混ざってる?)

とにかくこれめちゃ観たい観たい観たい!!!
ライブでいい感じでやってくれるかなぁーーーー
好きすぎて期待しすぎて思いのほか置いてけぼりになって落胆しませんように・・・
なんせこれだけのために横アリ行くようなもんだからね?(←そんくらい好き)

この曲をアルバムとヲタ参加ライブの中だけに納めておくのはもったいなくない?
タイアップにしてもっともっと外に出るべきだよ~~ひゃー、キスマイ素敵!


05. レッツゴー!!
作詞:Komei Kobayashi 作曲:Takuya Harada / Christofer Erixon 編曲:CHOKKAKU

ボクらのミュージックコロシアムが頭にこびりついていて、
(あそこからこの曲に入ったようなもんなので)
(ラジオで流れたやつはあえて聞かなかったこともあり)
これ単品での感想が出てこないのですが!
いいね!の後に続くレッツゴー!!も最高っす!
元気にさせてもらえるいい曲ですよね~。
玉ちゃんメインで、それが妙にぴったりくるっていうか。
藤北があまり聞こえてこなくても物足りないって感覚にも陥らないです。
ちゃんとイメージに合ってれば違和感ないってことですね。うんうん
ちなみに作詞家さんはキスマイのShake It Upを書いたお方だそうで。
編曲のCHOKKAKUさんはキスマイファンにとってCHOKKAKUさまサマなお方。( ;∀;)作品リスト見ると泣くよ?
だからボクらのミュージックコロシアムも嵌ったのかもしれないな~。


06. SEVEN WISHES
作詞:MILK 作曲:Shusei / Anders Dannvik 編曲:生田真心

INTERがまだ実家だから・・・・
アルバムでようやく聞くことができたキスマイ長崎・・・
(いや、ネットに落ちてたのはちょこっと聞いてたけどね)ボソ
(こっちに届かないだけでCDはちゃんと買ったんだからええやろうと)ボソ
あぁ~、やっぱりキャンペーン中に長崎に行きたかったなぁ~。
日本にいたら絶対行ってたわ~~。
アメリカに住んでると日本国土内の距離感がめちゃくちゃ狭く感じて、
日本全国日帰りで行けてまうやん。っていう。
アメリカに住んでる人とかそう感じませんかね?
あとこっちに来て変わった感覚の一つで、
日本各地どこへ行くのも一切不安が湧かないというか。
アメリカに来るまでは東京みたいな大都会は緊張する土地だったと思うんですけど、
ふっ、日本語が通じるんだぜ?治安もいいんだぜ?
ってだけで地元から近所に買い物に行く感覚・・・・みたいな。
でもほんとそうなるんですよね~。私おっきくなったわ!
(注:迷子にはなります)←極度の方向音痴


はっ、楽曲の感想になっていないじゃないか。
(よくあること・・・)


続く・・・・
次は北山君の優しい雨だね・・・( ;∀;)





by nypoliko | 2017-05-28 22:38 | アメリカで北担☆